2018年04月18日

共同印刷(藤森康彰社長)が、軟包装事業の戦略的拡大のため2017年4月から建設を進めていた、生活・産業資材部門の主力工場である守谷第一工場(茨城県守谷市)の軟包装専用棟が3月末に完成し、4月18日、竣工式を行った。
 
完成した守谷第一工場の新棟では、FSSC22000の認証取得を視野に入れた国内最新鋭の生産環境を構築し、顧客に安心・安全な包装材料を届ける体制を強化した。また、軟包装の製造工程のひとつであるエージングを自動ラック化することで物流効率を向上させたほか、高断熱仕様の外壁やLED照明、高効率の空調機の採用などで省エネルギーを推進し、地球環境に配慮したエコファクトリーをめざした。
 
新棟では、従来の印刷・加工機に加え、液体用パッケージの製造ラインを増設し、当社が注力する中容量フレキシブルコンテナー「ハンディキューブR」をはじめとする製品を柱に軟包装事業の拡大を進める。今後、既存設備の移設と新規設の導入を順次行い、6月から順次 本生産を開始する予定。
 
【守谷第一工場 新棟 概要】
工場名 : 共同印刷 守谷第一工場
所在地 : 茨城県守谷市立沢1932
建築面積 : 5,428平方㍍(1,642坪)※延床面積13,677㎡(4,137坪)
建物概要 : 鉄骨造6階建
製造品目 : 軟包装材全般
竣 工 : 2018年4月10日(2017年4月1日着工)
設計・施工 : 清水建設
土地総面積 : 31,386.52平方㍍
総床面積 : 29,869.3平方㍍(約9,035坪)
 
 

PAGE TOP