2018年04月17日

設楽印刷機材㈱(本社・群馬県前橋市、設楽誠一社長)が5月11・12日の両日、群馬・高崎のビエント高崎ビッグキューブで、「シタラフェア2018」を開催する。

今回はテーマを「Form:フォルム≪構成≫かたちが心に浮ぶ」と設定。

技術革新が進む中で、それにまつわる情報をきちんと精査して印刷業界に適した構成とすること、それはすなわち印刷会社の具体的ニーズや状況に合ったフォルムを提案することと同社では捉え、今回のフェアを展開する。

そのような意味を込め、市場のニーズや動向を反映した最新情報やアイデア、マルチメディア・情報処理技術といったデジタル世界から、特殊印刷・加工・PODなどの新ビジネス、さらには人材確保・育成にまつわる分野にいたるまで、総合的に紹介していく。

 

主な展示機器は、LED-UV枚葉オフセット印刷機のほか、デジタルオンデマンド印刷機、大判インクジェットプリンター、名刺・カードプリンター、ラベルプリンター、インキ・副資材、プリプレスワークフローシステム、プルーフィングシステム、組版ソフト、業務管理ソフト、各種検査装置、断裁機、折り機、製本機、計数機、紙揃え機、ラミネーター、包装機など。

また、同社が展開している国際人材紹介情報や中古印刷機器の査定・買取・販売などのコーナーも開設するほか、印刷関連会社の協業を促すコラボレーションコーナーも開設される。

 

期間中には下記2本のセミナーを開講する。

①5月11日 午後2時~3時半「page2018に見る“印刷ビジネスがこのように変わる!”~自社で人材育成からアライアンスへ、オフセットから小ロットならデジタル印刷へ~」公益社団法人日本印刷技術協会 郡司秀明専務理事

②5月12日 午後2時半~4時「頂点を極めた監督が語る 本気が創る“組織”と“人財”」学校法人群馬育英学園前橋育英高等学校 山田耕介学校長兼男子サッカー部監督

 

さらに、下記9本のオープンセミナーも開講する。

①5月11日午前10時半~11時15分「印刷データ(PDF)から生まれる付加価値サービス」

②5月11日午前11時半~12時15分「完全無処理CTPプレートSONORA新製品情報と現状報告~導入後の効果について~」

③5月11日午後1時~1時45分「デジタル印刷機が実現する適正印刷発注」

④5月11日午後3時45分~4時半「意外と知らないドローン技能認定制度」

⑤5月11日午後4時45分~5時半「CRMによる印刷需要の創出事例と補助金活用」

⑥5月12日午前10時半~11時15分「人手不足時代のデジタル印刷機活用法」

⑦5月12日午前11時半~12時15分「印刷トラブルゼロを目指して~日研化学からのご提案~」

⑧5月12日午後1時15分~2時「FUJIFILM SUPERIA明日の利益を生み出す~UV印刷や無処理化による究極の環境印刷~」

⑨5月12日午後4時半~5時15分「小ロットグッズビジネスを成功させる最新事例」

 

【開催概要】

▽会期=5月11・12日 午前10時-午後6時

▽会場=ビエント高崎ビッグキューブ(群馬県高崎市問屋町2の7)

▽問合先=027・261・7000

 

 

 

 

PAGE TOP