2018年04月06日

日本グラフィックサービス工業会(ジャグラ、中村耀会長)は、3月23日午後2時から、東京・中央区日本橋のニッケイビル8階会議室で、平成29年度第5回理事会を開き、6月の定時総会に上程する、第54年度事業計画案ならびに収支予算案などについて審議し、原案どおり承認した。
 

第54年度事業計画案を承認した理事会

第54年度事業計画案を承認した理事会


 
第53回定時総会は、6月2日午後1時30分から、福岡県のホテル日航福岡で開かれる。議案は第53年度事業報告書・同収支決算書の承認、第54年度事業計画書・同収支予算書の承認、任期満了に伴う役員改選など。
 
第54年度事業計画(案)によると、厳しい経営環境下、平成30年度は「強いジャグラ」の実現を掲げ、ジャグラ会員とジャグラとの関係を見直して、継続性のある組織へ強化するとしている。
 
23日の理事会では、組織体制に関する意見も出たが、ジャグラ本部に寄せられる期待がより高まっていることから、財政基盤を確立して本部役員と事務局が一体となって、全国会員各社の役に立つ事業を推進する、という基本方針を確認した。
 
 

PAGE TOP