2018年04月06日

全国カレンダー出版協同組合連合会(JCAL・宮﨑安弘会長・東京台東区)は、2019年の祝日動向に関して、昨秋からさまざまな形で検討を行ってきたが、現在までの各種情報に基づき、2019年版のカレンダーの未定日について、以下のとおり記載することで、業界全体で足並みを合わせ、提供することとした。4月3日に決定した。

 

今回のJCALの記載内容がひとつの指針となり、カレンダー業界のみならず、速やかに関連他業界に開示し、社会への影響を最小限にとどめるのが目的。

 

<未定日の掲載についてのポイント>

 

・日付玉はいずれも墨(スミ)。
・4月30 日、5月1日、10月22 日、12月23日の該当行事名は祝日色(朱色など)。
・4月30 日、5月1日、10月22日の該当行事名の前には祝日色の日の丸(国旗印)を入れる。

 

180406JCAL記載方法2

JCALが決めた記載方法

 

○全国カレンダー出版協同組合連合会 東京都台東区台東1の27の11の204  TEL: 03・5816・5035
E-mail: jcal@sage.ocn.ne.jp

関連記事:【緊急レポート】印刷にかかれない2019年版カレンダー 年末に数が確保できない可能性も

 
 
 

 

PAGE TOP