2018年03月29日

富士フイルム(助野健児社長)は、JXTGホールディングス(内田幸雄社長、JXTG HD)のグループ会社で、細胞培養に必要な培地のリーディングカンパニーであるIrvine Scientific Sales Company, Inc.(アーバイン サイエンティフィック セールス カンパニー、 ISUS社)およびアイエスジャパン(ISJ社)の発行済全株式を取得する株式売買契約を、本日締結した。なお、ISUS社およびISJ社の全株式取得に要する資金総額は、約800百万米ドル。
 
培地は、細胞の生育・増殖のための栄養分を含んだ液状や粉末の物質で、バイオ医薬品や再生医療製品などの研究開発や製造における細胞培養に必要不可欠なもの。また、培地の品質によって細胞培養の品質や効率が左右されるといわれており、近年、培地に対する注目がますます高まっている。現在、抗体医薬品を中心としたバイオ医薬品の需要増加、細胞を用いた治療ニーズの急拡大に伴い、培地市場は拡大しており、今後も年率約10%の伸長が見込まれている。
 
ISUS社・ISJ社は、バイオ医薬品製造向けの培地や体外受精・細胞治療用途の培地などを幅広く取り扱う、培地のリーディングカンパニー。高い研究開発力や品質管理力、長年蓄積してきた実績やノウハウなどを活かして、顧客ニーズにあわせた最適なカスタム培地を開発することが可能。cGMP基準に準拠した生産拠点で製造し、高品質な製品をタイムリーに供給することができる。ISUS社が欧米、ISJ社が日本・アジアを中心に販売展開し、全世界の製薬企業やバイオベンチャー、アカデミアなどに培地を提供している。
 
富士フイルムは、ヘルスケア領域の成長戦略を推進する中、バイオ医薬品の開発・製造受託や再生医療などの分野に積極的に経営資源を投入し、事業拡大を進めている。これまでに、FUJIFILM Diosynth Biotechnologies(以下、FDB社)における抗体医薬品向けの生産設備増強、世界トップのiPS細胞関連技術・ノウハウを持つCellular Dynamics International, Inc.(以下 CDI社)の完全子会社化を行うとともに、総合試薬メーカーの和光純薬工業(以下、和光純薬)を買収し、培地事業にも参入した。今回、ISUS社・ISJ社の買収により、バイオ医薬品から体外受精・細胞治療の領域にわたり幅広い製品ラインアップをそろえることができるとともに、海外展開も強化することができる。また、写真フィルムで培った高度な化学合成力・設計力、グループのジャパン・ティッシュ・エンジニリアング(以下、J-TEC社)やCDI社、FDB社が持つ、細胞の作製・培養技術などを活かして、競争力の高い培地の開発を加速させ、培地事業のさらなる成長を図っていく。
 
さらに、富士フイルムグループのバイオ医療関連技術・製品と、ISUS社・ISJ社の培地技術・製品などを組み合わせて、培地事業以外でもシナジーを最大化させていく。具体的なシナジーとしては (1)バイオ医薬品の開発・製造受託事業のさらなる拡大、(2)再生医療分野の研究開発の加速、(3)試薬ビジネスのさらなる拡大、を見込んでいる。
 
 

PAGE TOP