2018年03月16日

㈱SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA、馬場恒夫社長)が開発・販売するUVインクジェットラベルプリンティングシステム「Truepress Jet L350UVシリーズ」の出荷実績が世界で累計100台を達成した。
 

truepressjetl350uv

truepressjetl350uv


 
SCREEN GAは、ラベル市場向けデジタル印刷機メーカーとしては後発でありながら、コア技術である画像処理技術を背景に、優れた印刷品質と安定性・生産性、多様な基材への対応、サポート力などが高く評価され、短期間で市場の信頼を獲得してきた。その結果「Truepress Jet L350UVシリーズ」は、リリースから2018年2月末までの4年間で、累計100台以上の出荷実績を達成した。
 
2012年にドイツで開催された印刷業界最大の展示会「drupe2012」に「Truepress Jet L350UV」のプロトタイプを参考出展した後、2013年の末にCMYKの4色機を正式リリース。
 
2014年の春には独自のホワイトインクを追加リリースし、同年秋には「Truepress Jet L350UV」とインライン接続が可能なデジタルラベル後加工装置「JetConverter L350」を発売するなど、トータルソリューションの提案を推進している。
 
また、日本、欧州、北米に続きシンガポール、上海、台湾と、アジア各地域での営業拠点のショールームにおける常設展示を強化し、販売活動を本格化。現在も順調に納入台数を伸ばしている。
 
2017年の秋には、生産性向上、薄膜基材対応、オレンジインク追加といった機能を強化した「Truepress Jet L350UV+」、食品包装業界向けに新たに開発したローマイグレーション(低浸透)インクを搭載し「Truepress Jet L350UV+LM」をリリースし、対応アプリケーションの可能性を拡大させた。
 
馬場恒夫社長の話 「3年半強の期間で100台という出荷台数は、競合他社よりも早いペースだと思っている。ラベル印刷機としては後発だが、カラーマッチングや文字・細線などのディテール再現といった、当社が長年プリプレス分野で培ってきた画像処理技術を駆使した画像品質と、デジタル印刷分野で培ったソフトウエア・ハードウエア技術の融合がもたらす操作性・安定性にとことんこだわり、それらが差別化に繋がった」
 
 

企業-関連の記事

PAGE TOP