2018年03月14日

㈱SCREENグラフィックソリューションズが開発した、ロール式高速インクジェット印刷機のフラッグシップモデル「True press Jet520HD」、およびオフセット印刷用コート紙に直接印刷が可能な新インク「SCインク」がこのほど、日本印刷学会の「平成30年度技術賞」を受賞した。
 

SCインクが日本印刷学会の平成30年度技術賞を受賞

「True press Jet520HD」「SCインク」が日本印刷学会の平成30年度技術賞を受賞


 
「True press Jet520HD」は、1200dpiの解像度を持つ高精細インクジェットヘッドを採用し、高品質な出版・商業印刷に求められる広色域や質感、ディテール、立体感をリアルに表現する。オフセットに迫る高品位な画質での高速印刷も可能である。
 
また、同社独自の技術で開発した「SCインク」を使用することにより、オフセット印刷で使用されているコート紙に、前処理やプライマー処理を施すことなく直接印刷できるため、用紙表面の質感を保ちながらリードタイムとコストを削減できる。
 
 

PAGE TOP