2018年03月02日

凸版印刷は、2019年9月20日から11月2日に開催される「ラグビーワールドカップ2019(RWC2019)日本大会」のトーナメントサプライヤー契約を締結した。
 
さらに、新たに2017年度から19年度におけるラグビー日本代表および女子日本代表のオフィシャルサポーター契約、そして昨年に引き続き18年から20年における国際リーグ戦「スーパーラグビー」の日本チーム「ヒト・コミュニケーションズサンウルブズ」のマッチスポンサー契約も締結した。
 

左)ラグビーワールドカップ2019ロゴ、中央)ラグビー日本代表ロゴ、右)サンウルブズ ロゴ

左)ラグビーワールドカップ2019ロゴ、中央)ラグビー日本代表ロゴ、右)サンウルブズ ロゴ

 
凸版印刷は、1900年の創業以来、企業理念にもある「情報・文化の担い手」として、常に最先端の印刷サービスを提供してきた。今回、「印刷サービス」のカテゴリーで4年に一度行われるラグビー界で世界最高峰の大会であるラグビーワールドカップ2019日本大会を支援する。さらにラグビー日本代表の強化および日本におけるラグビースポーツの普及拡大をめざし、ラグビー日本代表および、女子日本代表とスーパーラグビー日本チーム「ヒト・コミュニケーションズサンウルブズ」をサポートする。
 
ワールドラグビー・ビル・ボーモント会長のコメント 「凸版印刷をラグビーワールドカップのコマーシャルプログラムにトーナメントサプライヤーとして初めてお迎えできることを大変嬉しく思う。凸版印刷は一流のブランドであり、日本のラグビーにおける強力な支援者である。そして自国で行われる大会を支援することに心躍らせてくれている」
 
凸版印刷・金子眞吾社長のコメント 「アジアで初めて開催されるラグビーワールドカップ2019日本大会に、トーナメントサプライヤーとして参画できることを大変光栄に思う。凸版印刷が、これまで培ってきた印刷サービスのノウハウを最大限に活用し、今大会を支援するとともに、ラグビー日本代表の強化、ラグビーによるスポーツ振興に貢献していく」
 
 

PAGE TOP