2018年03月08日

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)で第364回企画展「平野甲賀と晶文社展」が3月17日まで開かれている。

 

平野甲賀が一手に装丁を担った時代の晶文社の書籍を一堂に集め、本と出版社と装丁家の膨大かつ幸運な仕事を展望するもの。
 
2014年から瀬戸内海小豆島に住み始めた平野甲賀は、毎日写経のように自身の装丁、もうひとつの活動である舞台やコンサートのチラシやポスターをもういちど手直し、作品上にメモまで書き付け、和紙に刷り出している。
それらおよそ80点もあわせて展示している。
 
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)(〒104-0061 中央区銀座7の7の2 DNP銀座ビル tel03・3571・5206)▽開館時間:午前11時から午後7時まで▽休館:日曜・祝日▽入場料:無料▽URL:http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/
 
 

タグ: >

PAGE TOP