2018年03月05日

 
近畿印刷産業機材協同組合(KPMA、坂本進理事長)は1月26日、大阪市天王寺区のシェラトン都ホテル大阪で「平成30年新年互礼会」を開催した。
 
当日は新年互礼会に先立ち新春講演会が行われ、公益財団法人大阪観光局理事長の溝畑宏氏を迎え「関西・大阪を元気に!」Stay hungry Stay foolishを演題に講演した。
 
引き続き行われた新年互礼会であいさつした坂本理事長は「ここ数年言われている『ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業』、いわゆる『ものづくり補助金』の平成29年度補正予算として1000億円が計上され、すでに案内されている。当協同組合では2月27日、経済産業省関連の補助金や支援事業の説明会を、大阪市浪速区の㈱モリサワの会議室で開催する。この説明会は、大阪府印刷工業組合など大阪印刷関連団体協議会との共催となっている。印刷・製本・紙工など皆さんのお客さんにも、一緒に参加していただければ、役に立つと思う。また事務局では、補助金に関する要望も受け付けている」と述べた。
 

坂本進

坂本進理事長


 

このあと柳澤隆司副理事長の発声で乾杯し、開宴した。
 
 

PAGE TOP