2018年03月01日

としまものづくりメッセは、基幹産業である印刷関連業をはじめ、精密機器、金属製品の製造業など区内企業の優れた製品や高い技術に加え、飲食を含めた商品の魅力を広く発信する見本市。販路拡大や企業間交流を通じて区内企業のさらなる発展を支援し、知己経済の活性化を図ることを目的としている。また、ものづくりに触れる多彩な企画を通じて、一般の人たちに地域産業に対する理解を深めてもらう。
 
平成19年度からスタートした「としまものづくりメッセ」も第10回を終え、第11回となる今回から新たな要素を加えパワーアップした。豊島区は、首都圏有数のターミナル駅「池袋」があることから、来街者向けの産業が多くある。そこで、この地域特性を活かし、従来の工業製品の「ものづくり」に加え、食品・雑貨などの商品を含めた、「池袋CITYフェス」&「MONOづくり」へと変化している。今回は93社・団体100小間の展示規模で開催される。
 
印刷関連産業からは今回も豊島区印刷関連産業団体協議会、東京都印刷工業組合豊島支部、宝印刷㈱、㈱セイコーアドバンスなどが出展。最新の技術や製品紹介を通じて、会場を盛り上げるとともに印刷関連業を一般の人たちにアピールする。
 
会期中は出展者による展示以外にも、ビジネスマンをターゲットにした特別講演・セミナー、交流会などのビジネスマッチングを目的とした企画を実施。一方、土曜日には一般向けに親子でも楽しめる「MONOづくり体験教室」も終日開かれる。各分野の第一線で活躍する著名な講師の「アイデアを生み出す」「明日を切り開く」ヒントとなる話をいずれも事前予約不要、かつ無料で聞ける貴重な機会となっている。
 
平日は区内の小学校による集団見学をはじめ、さまざまな層の来場者が足を運び、一昨年は過去最高の2万1101人が来場、昨年は初日の雨で1万9397人と前年を下回ったが、今回は従来の産業見本市から、池袋CITYフェス&「ものづくり」から「MONOづくり」へ新・拡充要素を取り入れたことで、過去最高の来場者数を目指している。
 
【開催概要】
会期=3月1日~3日▽開場時間=午前10時~午後5時(最終日は午後4時まで)▽会場=サンシャインシティ展示ホールB(東京都豊島区東池袋3の1の4文化会館4階)▽入場=無料▽主催=としまものづくりメッセ実行委員会▽問合先=事務局(豊島区文化商工部生活産業課商工グループ内)、電話03・4566・2742
 
 

イベント-関連の記事

PAGE TOP