2018年02月28日

DICグラフィックス㈱(本社・東京都中央区、谷上浩司社長)は、主にパッケージ印刷向けに使用されるグラビア・フレキソインキおよび接着剤や、食品用金属容器などに使用される塗料製品について、3月15日出荷分から価格を改定することを決めた。

 

今回の価格改定の原因と背景について同社では、▽これらの製品の原料が昨今の石化原料市況高騰の影響で騰勢に転じていること、▽主原料である樹脂および顔料が原料メーカーでの製品統廃合の加速、中国の環境規制強化による化学品の供給量減少、需要増加による需給バランスの逼迫化などで価格が上昇していること、▽そのほかの副原料の価格も原油やナフサ価格の高騰により上昇していること、▽物流コストや金属容器などの副資材コストも急騰していること--などを挙げている。

 

なお価格の改定幅は、▽白インキ40円/㌔㌘、▽色インキ70円/㌔㌘、▽メジュームおよびOPニス50円/㌔㌘、▽接着剤50円/㌔㌘、▽硬化剤50円/㌔㌘、▽クリヤー20円/㌔㌘、▽ホワイトコーチング30円/㌔㌘--となる。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP