2015年04月25日

 東京商工リサーチによると、2014年度の出版業の倒産は対前年度比41・3%増の41件だった。3年ぶりに前年度を上回った。専門書などを扱う老舗企業の倒産が目立ち、メディアの多様化に伴う業界の厳しい現状を映し出したという。

 負債総額は113億0300万円で対前年度比272・4%増で平均負債額は2億7500万円で対前年度比164・4%増となり、前年度より2・6倍に急増した。負債10億円を超える大型倒産が3件あった。インフォレスト30億円、美術出版社19億5600万円、長崎出版12億1000万円。
 原因別では販売不振が27件で最も多い。事業の失敗は4件、他社倒産の余波が3件あった。

タグ: >

PAGE TOP