2018年02月16日

サンメッセ㈱(田中義一社長、岐阜県大垣市)は2月2日午後3時30分から、大垣市の大垣フォーラムホテルで「サンメッセ共栄会第8回総会」を開き、上程議案を審議しいずれも原案どおり承認するとともに、講演会、懇親会を通して取引業者と交流、より一層の相互信頼関係を構築した。39社から66人が参加した。
 
 

39社から66人が参加した

39社から66人が参加した


 
 

総会は竹林啓路取締役執行役員・総務部長の司会で始まった。手島徹共栄会会長(日本紙パルプ商事㈱上席執行役員中部支社長)があいさつしたあと、サンメッセを代表して田中良幸会長が次のようにあいさつした。
 

田中良幸会長「今年の漢字は『新(しん)』」

 

「ある新聞社から今年の漢字は? と問われて『新(しん)』と答えた。2月末に第5工場の増築が完成する予定で、新たな気持ちで進みたい。また『温故知新』ということわざがあるが、古いものが悪いわけではない。その中から良いものを改革していくことで企業は発展する。古いものを打破することも大事なこと。本物の商品を提供できるよう、さらに精進したい」
 
 

田中良幸

田中良幸会長


 
 
議案審議は手島会長を議長にして行われ、第1号議案=平成29年度事業報告および決算報告、第2号議案=平成30年度事業計画案ならびに予算案を原案どおり可決。第3号議案=平成30年度役員選任では、手島会長以下副会長、幹事、会計監査を原案どおり承認した。
 
 
手島徹

手島徹会長


 
 
講演会では、関ヶ原町歴史民俗資料館前館長の草野道雄氏が、「『その日何があったのか?~関ヶ原合戦図屏風が伝える関ヶ原の戦い~』と題して」話を展開した。
 
懇親会は田中勝英副会長のあいさつで開会。田中副会長は「さきほど話に出たが、2月末にパッケージ部門と個人情報部門の工場増築が完成するほか、3月に静岡営業所、5月には東京・新宿に支店を開設する。良い商品を提供するには良い仕入れ、良い設備が必要。他社に負けないものを作る会社を目指す」と述べた。
 
 
田中勝英

田中勝英副会長


 
 
共栄会の秋のゴルフ大会準優勝者・糟谷聡彦氏(王子製紙㈱中部営業支社長)の発声で乾杯し開宴。和やかに情報交換・交流が進む中、田中尚一郎取締役専務執行役員が閉会のあいさつを行った。
 
田中専務は「工場の増築や営業所・支店の開設など新たな体制が整いつつある。当社は自社内設備による一貫生産体制で印刷物を製造している。皆さんの協力があってこそ」と感謝の意を表し、三本締めの音頭をとった。
 
 

PAGE TOP