2018年02月13日

名入れカレンダー業界がまとめたカレンダーの百科。文化性と実用性を兼ね備え、顧客と企業/商店とのコミュニケーション役を担うカレンダー作りのポイントを伝える。B2は“B2”だが、B3を“B4”、B4を“B8”と表したりなど、注意すべきことも多い。――全判の何等分かという考え方だ。

 
▼第1章(カレンダーの出来るまで)=名入れカレンダー受注から納品まで、サービスと効果の連動、レイアウト、名入れ印刷。第2章(カレンダー豆知識)=製造工程、カレンダーの歴史、「国民の祝日」について、六曜、二十四節気、年齢早見表、カレンダーの分類、カレンダーのサイズ、紙の斤量/サイズ、印刷豆知識、カレンダー用語集。第3章(付録)=暦検定、今日は何の日!?「冠デー」。
 

banner-bible

全国団扇扇子カレンダー協議会『かれんだ~虎の巻』


 
▼全国の団扇・扇子・カレンダーのメーカーおよび販社で構成される業界団体「全国団扇扇子カレンダー協議会」がホームページで公開している。業界関係者の基礎知識の向上はもとより、広く一般にもカレンダーや日本の暦文化に関心をもってもらい、“生業”としているカレンダーの価値向上に少しでも役立てばとの思いが込められている。原著は平成19年刊。全文の見直し・検証作業を経て3年後に改訂された。労作の最新版が期待される。

 

全国団扇扇子カレンダー協議会、PDF版・58ページ、無料)

 

※「日本印刷新聞」【話題の本】から

 
 

PAGE TOP