2018年02月02日

大日本印刷(DNP)は、DNPグループの丸善CHIホールディングスと連携して、書店のPOSなどのデータ分析にAIを活用し、需要を予測することで、読者のニーズにフレキシブルに対応する書籍の製造~物流~販売を組み合わせた体制を新たに構築した。

 

出版流通業界では、書籍・雑誌を合わせた出版物の販売額が13年連続で前年を下回り、また新刊本の返品率が40%に達するなど、業界全体の課題の解決が求められている。これらの課題に対してDNPグループは今回、DNPの書籍用自社倉庫である書籍流通センター(SRC)と、グループ書店での在庫、出版社等の倉庫を連携させたフレキシブルな物流体制の構築を行う。これにより、製造から物流・販売までのリードタイムを短縮し、「欲しい時に欲しい本を手に入れたい」という読者の需要に柔軟に対応するサービスを構築する。また、書店のPOSデータの分析による需要予測システムの活用も進め、出版社、全国のリアル書店、ネット書店での生活者ニーズとのマッチングを促進していく。

 

○フレキシブルな製造・物流体制によって読者に本を届けるサービスを向上
書籍流通センター(SRC)と書店在庫、出版社倉庫を連携させて、読者に本を届けるスピードの向上を推進する。今回構築したフレキシブルな物流体制と、読者の需要に合わせることで返品や在庫の削減を目指すフレキシブルな製造体制を組み合わせて、配本精度の向上や、読者の満足度の向上につなげていく。

 
○書店のPOSデータの分析による需要予測システムの活用
DNPグループ書店だけでなく協力書店のPOSデータ等も活用することで、より精度の高い需要予測を行う。この需要予測と出版社や書店からの注文情報を組み合わせ、1部から大部数の増刷まで、需要に応じたフレキシブルな製造を実現する。協力企業を含めた適地生産も進めることで、短期間の製造を可能とし、店頭に在庫がない場合でも、読者に迅速に本を届けるサービスの構築を進める。

 
○多様な物流スタイルによって読者のさまざまなニーズに対応
物流においても、出版社から書店への直接納品や、増刷・製造した書籍の一部をSRCから書店へ直接発送するなど、読者の要望に合わせてフレキシブルに対応します。従来のような全国同一商品・同一販売だけでなく、読者の需要に応じた書店ごとに特徴のある商品の調達を可能とする。

 
○書店でもECサイトでも、欲しい時に欲しい本の入手が可能に
これらの取り組みによって読者は、最寄りの書店やECサイトなどの希望する流通チャネルで、より迅速に欲しい本が入手できるようになる。また出版社は、オンデマンドな製造・物流と組み合わせることで、読者の需要により的確に応えることができ、書籍を長期間販売できるようになる。書店にとっては、店舗での欠品防止や、店舗に在庫がない書籍の販売につなげることで、販売機会の損失を低減させるとともに、特徴ある店づくりによって読者の満足度を高めることができる。

 

 

DNPは、今回構築した書籍のフレキシブルな製造体制と独自の流通倉庫であるSRCを核にした他の流通倉庫との連携をさらに拡げていく計画。
また、丸善ジュンク堂、丸善雄松堂、図書館流通センターなどのグループ会社や、出版流通イノベーションジャパン、その他の書店および出版社とも協力し、出版物の品揃え強化、業界の収益性改善、業務プロセスの時間短縮などに取り組み、出版市場の拡大に努めていく。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP