2018年01月29日

愛知県印刷工業組合(細井俊男理事長)は1月12日夕、名古屋市中区の名古屋東急ホテルに来賓、印刷同関連業者ら280人を集めて、「平成30年新春 印刷と関連業界新年互礼会」を開催し親睦を図るとともに、印刷産業の発展を誓い合った。愛知県印刷産業団体連絡会が協賛。

 
新年互礼会は岩瀬清副理事長の司会で始まり、細井理事長が、次のように年頭のあいさつを行った。
 

細井俊男

細井俊男理事長


 
「2018年の干支は戊戌(つちのえいぬ)。今年は、いままでの常識がすべて変わり、新しい何かが起きる年になるのではないかと言われている。
印刷業はこれまで、進化プラス変革(イノベーション)しながら環境変化に対応してきた。アナログからデジタルへという大きな変化もあった。印刷業界の将来を危惧する人も少なくない昨今、もはや印刷の上にあぐらをかいているわけにはいかない。新しいことを産み出さなければ先がないことは、十分承知のことと思う。
そのためにも組合を利用してほしい。随時、研修会や見学会を実施しており、交流の場もある。これらの事業をとおして、情報を共有し、学び、ヒントを得て、自社の変革につなげていただきたい」
 
来賓を代表して、中部経済産業局産業部の岩田則子次長、愛知県産業労働部の大野博技監、全日本印刷工業組合連合会の臼田真人会長が祝辞を述べた。
 
この中で臼田会長は、国の平成29年度基本方針の中に盛り込まれた知的財産権の取り扱いに触れ、「周知のように昨年、全印工連、全印政連の活動の大きな成果として、知的財産権の財産的価値が認められた。今後はその実効性が問われる。周知・啓発用のパンフレットも作成・配布した。パンフレットを活用し、都道府県や市町村の官公需発注担当者に説明していただき、理解を促してもらいたい」と呼びかけた。
 
愛知県議会の塚本久議員の音頭で乾杯し開宴し、歓談が続く中、酒井良輔副理事長のリードによる中締めで閉会した。
 

新年互礼会に先立ち記念講演会が行われ、全印工連の臼田会長が「業界展望と印刷組合(事業者団体)の存在意義を考える」のテーマで話をした。
 
 

PAGE TOP