2018年02月02日

大日本印刷、honto.jpと丸善ジュンク堂書店の在庫連携を強化する。書店の在庫検索機でネット通販の在庫情報と電子書籍の販売情報を表示する。

ハイブリッド型総合書店「honto(ホント)」を運営する大日本印刷(DNP)と丸善ジュンク堂書店、トゥ・ディファクトは共同で、丸善ジュンク堂書店の店頭で使用する在庫検索機に、honto.jpサイト(以下:honto.jp)の本の通販ストアの在庫情報と電子書籍ストアの販売情報を表示する「ハイブリッド在庫表示」機能を追加した。
この機能は、DNPグループで一元管理している丸善ジュンク堂書店の店頭在庫情報と、honto.jpの本の通販ストアの在庫情報および電子書籍ストアの販売情報を連携させて実現した。

店頭の在庫検索機に「ハイブリッド在庫表示」の機能を追加することによって、生活者は従来の「検索して書店店頭で購入すること」に加え、「取り寄せて書店店頭で購入」「通販で購入」「電子書籍で購入」という多様な購入手段から選択することができる。

書店で検索した購入したい本が書店在庫になかった場合、honto.jpの本の通販ストアの在庫を表示する。また、その商品が電子書籍として販売されている場合は、honto.jpの電子書籍ストアの情報も併せて表示する。

店舗での欠品時に、在庫検索機に表示されたhonto.jpの本の通販ストアと電子書籍ストアの商品情報は、在庫検索機のレシートプリンタで印刷できる。

honto会員向けの機能として、店頭での取寄せを希望する場合は、hontoカードを在庫検索機の読み取りスキャナーにかざして「お取り寄せ依頼」することで、その場で店頭取り寄せが完了。 依頼した本が店頭で用意できたら、メールや書店の在庫検索ができるアプリ「honto with」で通知される。
「honto」は、ネット書店(本の通販ストア、電子書籍ストア)と、丸善、ジュンク堂書店、文教堂、啓林堂などのリアル書店を連携させた総合書店。「読みたい本を、読みたいときに、読みたい形で」提供するサービスで、本を愛する人をサポート。2018年1月現在、honto会員は約440万人、honto.jpサイトと共通で利用できるhontoポイントのサービス導入書店は195店舗。

 

 

PAGE TOP