2015年04月23日

日本アグフア・ゲバルト㈱(本社・東京都品川区、松石浩行社長)は4月18日、原多印刷㈱(本社・大阪市北区長柄西1の7の43、原多鈴乃社長)で「速乾印刷・標準印刷実演セミナー」を開催した。

 

この会では、昨年7月から使用する刷版をアグフア社製の現像レスCTPプレート「アズーラTS」へと切り替えを進めている原多印刷が取り組んでいる、高品質印刷の標準化策について解説。

そのためのポイントとなる印刷機の管理、デジタル印刷機や校正刷りとのカラーマネージメ

速乾印刷の効果と能力を実演を通して紹介した

速乾印刷の効果と能力を実演を通して紹介した

ント、印刷時に水を絞ることによって適正乳化を実現するといった点について説明するとともに、標準化と「アズーラTS」へ切り替えたことによって原多印刷が実践している「速乾印刷」について、実演を交えながら紹介した。

 

速乾印刷の実演では、稼働開始から11年が経つ菊全判8色機を使い、ヴァンヌーボーに重たい絵柄のポスターを印刷。

印刷直後および30分後に断裁を行ったところ、印刷直後に断裁するとまだ裏付きをするものの、インキ乾燥時間がわずか30分だけで断裁・後加工ができる速乾性を実証した。

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP