2018年01月16日

あけましておめでとうございます。
 
昨年末に2018年度からの新しいグループ経営ビジョン 「私たちは、誠実なコミュニケーションと市場をリードする技術力でお客さまの思いをカタチにし、新たな価値を創出し続ける企業グループをめざします」 を策定しました。
 
お客さまの要望とその真意を正しく理解し、関係者で共有して実現方法を徹底的に議論する。お客さまにとってより良い結果を出すために提案する。これらはすべて、誠実なコミュニケーションがあってこそなし得ます。
 
一方、お客さまの「思い」を実現するための核となるものは、やはり技術力です。ただし、新市場を切り拓く基盤技術や多様化するニーズを解決する開発技術だけが「技術力」ではありません。営業部門がお客さまの真のニーズを理解し、各部門が一体となって要求以上の品質で製品・サービスを作り上げる、こうしたすべてが「技術力」なのです。「お客さまを支えながら、共に成長する企業グループでありたい」、それが新しい経営ビジョンに込めた思いです。
 
ビジョンを実現するには、情報系事業に対する取り組みや生活・産業資材系事業の拡大など、対処すべき課題が多々あります。円滑な事業運営に向け、既存の仕組みの見直しや新たな仕組みの導入も積極的に行う必要があります。こうした現状を踏まえ、「強みの育成・拡大と、事業基盤の改革に挑戦し、成長を続ける」を方針として、ビジョンの実現に向けて取り組んでいきます。
 

藤森康彰

藤森康彰社長


 

本年からスタートするコーポレートブランド「TOMOWEL(トモウェル)」に基づき、業務にあたって意識してほしいことが三つあります。
 
まず、「日常業務を白紙の状態から見直す」です。大胆な発想で業務を見直し、より良い方法や必要性自体を考えてください。
 
次に、「なすべきことを考えて行動する」です。厳しい環境下であればこそ、自分はどうするかが問われます。一人ひとりが当事者意識をもって行動してください。
 
最後は、「目標を明確にする」です。多少背伸びをして立てた目標でも掲げ続けることで道筋が見えてきます。志を高く掲げることの大切さを改めて認識してください。
 
新たな出発となる本年、当グループの一人ひとりが決意も新たに、それぞれの挑戦を始めることを期待しています。
 
(2018年1月5日)
 
 

タグ:

PAGE TOP