2018年01月15日

田村壽孝

田村壽孝会長

日本経済は穏やかに回復の基調がみられます。輸出が持ち直し、生産活動にも回復が見られ、雇用・所得も堅調に推移をしています。個人消費にも持ち直しが期待されていますが、その実はまだ鈍い状況といえます。景気全体は横ばい圏内での動きから抜け出しつつあります。

 
私たち中小企業全般の経営環境に確かな回復感を感じられる、という状況にはまだ少し時間がかかりそうに見受けられています。

 
このようなこの不確実な経済環境のなか、私たちグラフィックコミュニケーションズ(GC)業界は、これから業界組織が持続的発展を資するためにはどうあるべきか、いま直面する恒久的な難題の解決を模索しております。

 
打開するためにさまざまな事業活動、展開を構築していかなければなりません。いまある業界の力量で、この難易な変化に対応する【行動プラン:運営方針】を考えなければなりません。

 
私たちの組合員は「紙媒体」や「電子媒体」などを包括したマルチなメディア加工の多種、多様なビジネスを展開する「多士済々で十人十色(十社十色)の個性豊かな組合員企業が集う集団(組織)」であり、「『コミュニケーション・デザイン』の一翼を担う団体(組織)」でもあります。その存在感を感じさせる情報発信、提供を事業の根幹に推進に努めております。事業活動や運営は道半ばではありますが、先を見据えた歩みを心がけております。

 
日本グラフィックコミュニケーションズ工業組合連合会(GCJ)は全国組織として取り組むべき懸案が山積しておりますが、全国の所属する組合員の皆さまに、的確な変化に適応した『ジョイ右方発信』「情報提供」、そして情報の共有化に努めてまいりたいと思います。

 
最後に、関係諸官公庁をはじめ関連団体、関連業界の皆様の絶大なるご指導、ご支援、ご協力を仰ぎつつこの難局を乗り越えていきたいと思います。各位の温かいご教導をお願いするとともに、関係各位ならびに組合員のご多幸、ご健勝とご発展を祈念し、新年のごあいさつといたします。

 

 

 

 

PAGE TOP