2017年11月27日

RMGT1050 V1の片面5色機

RMGT1050 V1の片面5色機

リョービMHIグラフィックテクノロジー㈱(本社・広島県府中市、広川勝士社長)は平成30年1月から、菊全判印刷機RMGT10シリーズの準備時間を短縮し操作性を高めてバージョンアップした「1020 V1モデル/1050 V1モデル」を発売開始する。

 

RMGT10シリーズ「1020モデル/1050モデル」は、すぐれた耐久性、印刷品質、操作性で定評がある同社のフラッグシップ機。

印刷市場では多品種、小ロット、短納期化への傾向がますます強くなっており、また若手オペレーターの確保や熟練者の減少で印刷ノウハウの伝承が困難という課題を抱えている。

こうした状況に対応して同社では、印刷機の稼働率を高める自動化装置、スキルレス操作、印刷品質の自動管理などを可能にする各種のデジタル制御システムを開発し、RMGT10シリーズに搭載してきた。

 

そして今回開発したRMGT10シリーズの「1020 V1モデル/1050 V1モデル」では、さらなる準備時間短縮と操作性の向上を実現するために2つの改良が施された。

 

同時並行処理導入による準備時間短縮

同時並行処理導入による準備時間短縮

1つ目が、ブランケット洗浄中に給紙・排紙パイル交換や各種プリセットなどを並行して行えるように、作業工程とプログラムの改良を加えた。

これにより、従来機と比較して約2~4割の準備時間短縮を実現し、とくに多品種・小ロット印刷における稼働率を大きく向上させることができる。

2つ目がオペレーションスタンドにある操作画面のGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)の改良。

今回の改良では、ユーザーフレンドリーを追求してきたRMGT9シリーズとの融合が図り、操作に慣れていないオペレーターでも直感的に操作ができるように絵文字やイラストを用い、また操作手順を考慮したボタン配列に改良した。

さらに、タブメニューの採用で、操作したい画面に1タッチ、2タッチで素早くアクセスできるようになっている。

 

この「1020 V1モデル/1050 V1モデル」は、片面印刷機から両面兼用印刷機、両面専用印刷機タンデムパーフェクターシリーズでラインアップ展開される。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP