2017年11月24日

ハイデルベルグ社は、9月14~24日までドイツ・フランクフルトで開催された自動車業界最大規模の展示会「フランクフルトモーターショー2017」で、デジタル印刷技術を活用して自動車のデザインを各人の思い通りにカスタマイズする手法を披露した。

今回披露した手法は、ハイデルベルグ製の4Dデジタル印刷システム「オムニファイア」を使ったもの。

「オムニファイア250」を使って、メルセデス・ベンツブースにある小型車のsmartを、来場者が自分の好みに合わせてデザインできるデモンストレーションを行った。

 

 

image_1「オムニファイア250」は3次元物体への印刷に対応するインクジェット印刷システムで、サイズが10~300㍉、重さが5㌔㌘までの立体物に4色+白の印刷をすることができる。

来場者は、内装パーツを自由に好みのデザインにした後、全体のデザインをタブレットやVRゴーグルで確認。

印刷用にそのデザインを最適化した後に、実際の部品の表面に「オムニファイア250」で直接印刷を施した。

 

今回の試みについて、同社のデジタル部門で最高責任者を務めるウルリヒ・ヘルマン博士は「今回は個別化・多様化する未来を、自動車産業の技術パートナーとして来場者に示すことができた。デジタル印刷がさまざまな産業の製造プロセスと融合されることは、当社が新たな成長市場に足を踏み入れることにつながる。当社には、デジタル印刷でさまざまな分野の産業をサポートするとともに、個別化・多様化した世界を作る能力と技術を持っている」と述べている。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP