2017年11月20日

日本印刷産業連合会(山田雅義会長)グリーンプリンティング認定事務局は、11月14日、心温まる印刷の思い出、エピソードなどの作品を審査する第1回「印刷と私」エッセイ・作文コンテストの選考結果を発表した。グリーンプリンティングのPR大使でもある放送作家の小山薫堂氏を審査委員長に迎え、「印刷と私」コンテスト審査委員会で厳正な審査を行い、一般の部、小学生の部ごとに受賞作品を決定した。
 
応募総数760作品の中から一般の部は小山薫堂最優秀賞2作品、小山薫堂優秀賞2作品、優秀賞5作品、小学生の部では小山薫堂最優秀賞2作品、小山薫堂優秀賞1作品、優秀賞5作品の合計17作品を決定した。
 
受賞作品は「印刷と私」作品集に掲載するとともに、11月21日からグリーンプリンティング認定制度の公式サイト(https://www.jfpi.or.jp/greenprinting/)で公開する。
 
「印刷と私」コンテスト表彰式は、11月20日午後3時40分から東京・千代田区神田錦町の学士会館で行われる。受賞者には賞状と一般の部の小山薫堂最優秀賞には賞金10万円、小山薫堂優秀賞には賞金3万円、優秀賞には商品券1万円分、小学生の部の小山薫堂最優秀賞には図書カード3万円分、小山薫堂優秀賞には図書カード1万円分、優秀賞には図書カード3000円分がそれぞれ贈られる。
 
また、表彰式終了後、4時15分から小山薫堂PR大使と特別ゲストの植野広生『dancyu』編集長とのトークショー、5時から記念パーティーが開かれる。
 

当日は午後3時からGP環境大賞表彰式とGPマーク普及大賞表彰式も同時開催する。
なお、「印刷と私」コンテストには、朝日新聞社、産経新聞社、日本経済新聞社、フジサンケイビジネスアイ、毎日新聞社、読売新聞社、(公社)日本グラフィックデザイナー協会、(一社)日本雑誌協会、(一社)日本書籍出版協会が後援している。
【「印刷と私」コンテスト受賞者】
■一般の部
小山薫堂最優秀賞(2作品)=石島幹男(埼玉県)、馬場一恵(東京都)
小山薫堂優秀賞(2作品)=小山年男(千葉県)、田崎敦(広島県)
優秀賞(5作品)=生越寛子(大阪府)、坂井和代(石川県)、柴田明子(東京都)、疋田賢司(大阪府)、宮坂宗治郎(神奈川県)
■小学生の部
小山薫堂最優秀賞(2作品)=座間耀永(東京都)、坊垣心都(岐阜県)
小山薫堂優秀賞(1作品)=甲野樹(茨城県)
優秀賞(5作品)=生関珠奈(東京都)、中原百々花(東京都)、中村晃(埼玉県)、西村洸俊(東京都)、村松汰一郎(東京都)

PAGE TOP