2017年11月16日

㈱リコー(本社・東京都中央区、山下良則社長)は11月16日、東京・港のラ・コレッツィオーネで記者会見を開き、衣類に直接印刷できる小型DTG(Direct to Garment)プリンター「RICOH Ri100」を11月20日から発売開始すると発表した。

 

「RICOH Ri100」は、同社が40年以上にわたって取り組んできたインクジェット技術とオフィスプリンターの製品開発で培ってきた小型化技術やすぐれた操作性を融合して新たに開発したもの。

プリンター本体の小型化に加え、衣類にインクジェット印刷したインクを熱で定着させる仕上機をプリンターと上下に重ねて設置できるコンパクト設計を実現したほか、新規カセット式ホルダーの採用による簡単操作を実現しており、手軽かつ安全に衣類への直接印刷ができる。

これにより、店頭やイベント会場などの限られたスペースで、熟練オペレーターがいなくても、オリジナルTシャツやトートバックなどを簡単に作成することできる。

 

また同社では、「RICOH Ri100」の販売とあわせて、被印刷体となるTシャツやトートバックの提供も行うほか、被印刷体に印刷するためのコンテンツ(テンプレートや画像など)も提供し、ユーザーの新規ビジネスへの参入をワンストップで支援する。

 

「RICOH Ri100」で製作したTシャツを手にする山下社長

「RICOH Ri100」で製作したTシャツを手にする山下社長

会見の冒頭、あいさつに立った同社の山下社長は、「世界に1つしかない、自分だけのための1点物の服や小物が目の前で作られていき、それが完成して手にした時の弾けるような笑顔。そのようなワクワク感や幸福度の高まりを、我々は社会に届けたい。ユーザーの先にいるお客さまに、笑顔を届けるためのデバイスが今回の新製品となる。また私には、インクジェット技術を応用して印刷プロセスをガラッと変えたいという思いがある。たとえば“この前の旅行で撮ったきれいな風景の写真をほんの数ヶ月間だけ部屋のカーテンに印刷して、模様替えをしようかな”といったことが日常的になるように、ハードや技術を通してワクワク感を提供していきたい」と述べた。

 

 

 

 

「RICOH Ri100」の主な特徴は次のとおり。

 

▽プリンター本体の小型化に加え、仕上機をプリンターの下に重ねて設置できるコンパクト設計を実現。これにより、店頭やイベント会場などの限られたスペースでも設置でき、さまざまな活用が可能になる。

 

▽新開発のカセット式ホルダーの採用により、特別なスキルがなくても印刷から定着までを簡単に操作できる。熱を使う定着工程も仕上機にカセット式ホルダーをセットするだけなので、一般的な定着機を使用する場合と比べてより安全で、子供の目の前で作業することも可能。

 

▽オフィス向けプリンターと部品の共通化を図ったことで、本体(標準価格29万8000円)と仕上機(標準価格5万4000円)を合わせても30万円台という低価格を実現。

 

▽布地に直接インクで印刷・定着させるため、高画質と滑らかな肌触りを両立した高品質な仕上がりになる。

 

▽新規ビジネスに参入しやすいように、プリンター本体だけではなく、被印刷体となるTシャツやトートバックに加え、被印刷体に印刷する絵柄のテンプレートなどのコンテンツを提供。新規ビジネスへの参入のハードルを下げるサポートも展開する。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP