2017年11月16日

高橋事業部長

高橋事業部長

リコージャパン㈱(本社・東京都港区、松石秀隆社長)は11月16日、東京・大田のリコーグループの自社印刷工場となる「RICOH Customer Experience Center TOKYO(=以下、CEC TOKYO)」設立1周年を記念するオープンハウスを開催した。

CEC TOKYOは、カタログやチラシ、名刺といったリコーグループ内で使用する販促・印刷物を、デジタル印刷機群をはじめとした自社製品を活用して内製生産するとともに、受注から印刷、配送までの一連のワークフローにおいて先進かつ洗練された印刷工場として運用し、ユーザーに近未来型のモデル工場として体感・提案してもらう場となっている。

 

会の冒頭、あいさつに立った同社PP事業部の高橋卓也事業部長は「CEC TOKYOの稼働状況や実績を通して、オフセット印刷からデジタル印刷へと移行することでなにができるのか、そしてデジタル印刷化をしたからこそ実現できる自動化・省力化の取り組みについて、さらには印刷品質向上や生産性向上を目的とした5Sの実践といったことについてお伝えしたい。本日は、商業印刷会社、複写業、企業内印刷部門など、多岐にわたるみなさまに来て頂いた。関心事はそれぞれ異なるのかもしれないが、CEC TOKYOの取り組みがみなさんの事業の参考になれば嬉しく思う」とオープンハウスの開催意義を表した。

 

CEC TOKYOで稼働するPOD機群

CEC TOKYOで稼働するPOD機群

CEC TOKYOでは、輪転式の高速両面フルカラーインクジェットプリンティングシステム「RICOH Pro VC60000」やカラーPOD機のフラッグシップ機「RICOH Pro C9110」、5色目として特色での印刷もできるカラーPOD機「RICOH Pro C7110S」をはじめとしたデジタル印刷機群などに加え、デジタル印刷機を効率的に稼働させるためのジョブ仕分けソフト「RICOH TotalFlow BatchBuilder」とサードパーティー製のMISとの連携、製本・後加工機器などを活用することで、効率的な生産ができる次世代の印刷会社像を具現化している。

 

また、CEC TOKYOではJapanColor認証制度のデジタル印刷認証を取得しており、一貫した出力物の色の安定性が図られているほか、工場内の各所に設置するカメラの映像をオンタイムで分析して異常があればすぐに検出できるシステム「All Line Recognizer」を活用し、用紙選定や製本・後加工機での乱丁といった人為ミスの防止、工程全体の生産効率測定などもできるような仕組みも備わっている。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP