2017年11月13日

独・ハイデルベルグ社は、11月8日に同社ウィスロッホ工場で「パッケージング・デイ」と銘打ったイベントを開催したことにともない、最新鋭の同社製印刷機を導入して先進的な取り組みをしているパッケージ印刷会社3社と、同社の完全子会社および提携会社となる印刷機資材サプライヤーの生産工場に、世界各国の主要印刷専門紙・誌の記者を招くパッケージング印刷見学ツアーを催行した。

 

プライムファイア106

MPS社で稼働するプライムファイア106

訪問したパッケージ印刷会社の1つが、B1判枚葉インクジェット印刷機「プライムファイア106」の世界1号機を納入したマルチ・パッケージング・ソリューションズ社(=以下、MPS社)のオーバーズルム工場だ。

ドイツ・シュツットガルト近郊に位置するこの工場では、今年1月から「プライムファイア106」のテスト稼働を始めており、対外的に公開するのは今回が初めてとなる。

 

「プライムファイア106」は、同社と富士フイルム㈱が共同開発した、水性顔料インクによるB1判インクジェット印刷機。

機械本体はスピードマスターXL106をベースにしており、フィーダー、コンディショニングユニット(インク定着性を良くするための下地処理を行う)、インクジェット印刷ユニット(C・M・Y・K・グリーン・オレンジ・バイオレットの7色分)、乾燥ユニット、コーティングユニット(水性/UVニスどちらも可)、デリバリーという構成となる。

1200×1200dpiの解像度と独自の4階調変調方式による階調再現性で、高密度かつ高精細な描写を実現。

また、7色印刷によってオフセット印刷よりも大幅に広い色再現領域(PANTONEカラーの95%をカバー)で高品質さを追求。

対応紙厚は0.2~0.6㍉で、毎時2500枚の生産性を持つ。

 

プレンツ取締役

プレンツ取締役

同社のデジタル技術部門の責任者であるステファン・プレンツ取締役はこの「プライムファイア106」について、「この印刷機は、オフセット印刷などでやっていたこれまでの仕事を置き換えるためのものではなく、印刷会社がこれまでとは違う革新的なビジネスを生み出し、獲得するためのものだ。したがって、新しいビジネスを生み出せないと使いこなすのは難しいとも言えるが、すでに多くの受注を頂いており、しかもそのみなさんは新しいビジネスの創造に自信を持っている。課金方式についてはクリックチャージ方式を採らず、インク販売をしていく予定だ。今後の開発としては、解像度を落とす代わりに印刷スピードを上げる“高速生産モード”を設定していきたい」と説明した。

 

 

 

ステファン・シュニッツァー氏

ステファン・シュニッツァー氏

「プライムファイア106」の世界1号機が稼働するMPS社は米国・ニューヨークに本社を構える、化粧品や医薬品、日用品などのブランドに特化し、世界14ヶ国に9000人以上の従業員を擁する国際的なパッケージ製造会社。

MPS社で美容・パーソナルケア製品の総括責任者を務めるステファン・シュニッツァー氏は「プライムファイア106」の活用法について次のとおり語った。

 

 

我々は顧客に、パッケージを安く提供するのではなく、パッケージとそれにともなう「価値」を提供している。

顧客が価値を感じてくれれば、きちんとした対価を得ることができる。その価値を提供するにあたり、「プライムファイア106」はとてもフィットする。

 

この「プライムファイア106」では、オフセット印刷でやっていることの置き換えをする気はない。

1枚当たりの印刷コストや、生産性や機能をほかの印刷機と比較するのは無意味なことで、商品が売れるようになってブランドオーナーが納得・満足するような価値を創るための印刷機なのだ。

そのような新しいビジネスとして4つの展開を考えている。

1つはパーソナライズしたパッケージ製作、2つ目は高級商品などで不正品を防止するためのセキュリティ印刷、3つ目はデジタルメディアと組み合わせて顧客行動の追跡などをするスマートパッケージ/コネクテッドパッケージの製作、そして4つ目が顧客の製品在庫を把握してパッケージ製品を計画生産することだ。

 

パーソナライズしたパッケージ製作や不正品防止のセキュリティ印刷については、どのように製作してどのようなものになるかイメージがしやすいだろう。

スマートパッケージ/コネクテッドパッケージついては、たとえば商品の販売地域ごとに異なる2次元コードを印刷し、顧客行動や地域特性を把握して、今後の販売計画を立てやすくすることにつなげることができる。

もちろん、単に2次元コードを印刷するだけではなく、その2次元コードを消費者がスキャンしたくなる仕掛けも施していく。

顧客の製品在庫を把握してパッケージ製品を計画生産するというのは、顧客と製品在庫情報を共有することで、次のパッケージ製品の納品をこちらの意志でできるようにすることだ。

現在、急にパッケージ製品の納品を求められた時に備えて、巨大な自動倉庫にパッケージ製品を大量に在庫しているが、瞬発力のある「プライムファイア106」があればこの在庫をなくすこともできるだろう。

 

色見台とデリバリー部が一体となったデザインとなっている

色見台とデリバリー部が一体となったデザインとなっている

「プライムファイア106」の運用面でのメリットについては、その高い印刷品質についてはもはや改めて言うまでもないだろう。

それ以外には、1枚の印刷物の中で場所によって色がブレてしまうことがなく、また最初の1枚から最後の1枚までの色の安定性という点でもほかのデジタル印刷機とは違い、とてもすぐれている。

また見当精度が高いので、裏面に印刷をしても表裏の見当がきちんと合う。

デリバリー部については、色見台へはボタンを押すと自動的に1枚だけそこに出てきて、エラーがあったものは分別排出されるので、納品用の正紙だけが積まれることになり、印刷後に余計な作業をする必要がない。

また、インクジェットヘッドは常時カメラで監視されており、もし仮に印刷中にノズルが詰まった場合は、その両隣のノズルから詰まった部分を埋めるだけの大きなインク滴が吐出されるとともに、ハイデルベルグのFMスクリーニング技術を応用して不自然さがない絵柄形成をしてくれる。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP