2017年10月26日

凸版印刷と、TISインテックグループのTIS(東京・新宿区、桑野徹社長)は、共同でスマートスピーカー「AISonar(エーアイソナー)」のコンセプト検証(PoC)の検討を開始する。両社は、「AISonar」を金融機関の店頭顧客対応である窓口案内業務、問合せ・受付業務に特化したAIコミュニケーションサービスとしての提供を目指す。10月26・27の両日、東京国際フォーラムで開かれる「FIT2017 金融国際情報技術展」で「AISonar」とTISの業務チャットボットプラットフォームサービス「DialogPlay」を組み合わせた銀行窓口業務の接客デモンストレーションを展示する。
 

<スマートスピーカー「AISonar」>

<スマートスピーカー「AISonar」>


 
 
凸版印刷では、金融機関向けの業務ノウハウを元に「AISonar」と連携させる「DialogPlay」のFAQ制作や回答精度の向上を行う運用支援、AI対話エンジンからオペレータへの引継ぎが出来るコールセンターや事務局運営を担当する。また、凸版印刷は、金融機関向けのWebサイトの構築やタブレット端末で口座開設やカード申込をペーパーレスで行う「SpeedEntry plus(スピードエントリープラス)」を開発、提供している。このような既存システムと「AISonar」を連携させることにより提供サービスを向上させる。
 
TISでは、「AISonar」のソリューション化および「AISonar」の対話エンジンとして利用する業務チャットボットプラットフォーム「DialogPlay」の開発を行っている。「AISonar」の音声認識、音声合成、翻訳、対話を組み合わせたソリューションの開発を進め、BtoB向けソリューション提供、SI開発などを対応していく。
 
<両社の協業における「AISonar」活用イメージ>

<両社の協業における「AISonar」活用イメージ>

 
 
凸版印刷では、金融機関向けのソリューション検討をTISと進めると共に流通、メーカー、自治体向けにも既存の商品情報データベースやキャンペーンシステムと連携させ、AI対話エンジンを中心としたトータルソリューションの提供を目指す。
 
TISでは、PoCなどを通じて、「AISonar」の実用化の準備を進めていきBtoB向けのスマートスピーカーソリューションの提供を目指す。
 
「AISonar」は、エーアイとTISで共同開発した音声認識技術・意図解釈技術(AI)・機械翻訳技術・音声合成技術を組み合わせた、スピーカー型のコミュニケーションツール。語りかけることでユーザーの音声を認識し、人工知能(AI)を利用した意図解釈で最適な回答を音声合成で発話する。「AISonar」の会話は業務用チャットボットプラットフォーム「DialogPlay」を対話エンジンとして利用し、2018年春に製品化を予定している。
 
「DialogPlay」は、2017年5月からベータ版公開しているTISで開発した業務用チャットボットプラットフォーム。シナリオのメンテナンスなど運用保守のしやすさが特徴で、チャットボットからオペレータへの切り替え機能もあり、「人」と「チャットボット」によるハイブリッドなオペレーションが実現できるという。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP