2017年10月18日

イーストマン・コダック社は、10月10日から12日まで、ドイツのメッセ・ベルリンで開催されたIFRA World Publishing Expo2017に出展し、ラインナップを拡大した新聞CTP製品群、CTPの自動化ソリューション、さまざまなプレート、そして新聞印刷向けインクジェットソリューションを披露した。

 

新聞CTP分野では、新製品のエントリーモデル「KODAK ACHIEVE NEWSプレートセッター」を紹介。

最大毎時54版(タブロイド判サイズ)の出力速度で、高精度に露光するモデルで、出荷開始は来年初めを予定している。

 

大幅な省スペース化を図るとともにインラインパンチを搭載したTRENDSETTERのマルチカセットユニットモデル

大幅な省スペース化を図るとともにインラインパンチを搭載したTRENDSETTERのマルチカセットユニットモデル

また、「KODAK TRENDSETTER NEWS」および「KODAK ACHIEVE NEWS」プレートセッターの自動化ソリューションとして、新しいマルチカセットユニットを初披露した。

このマルチカセットユニットは、コンパクトな設置面積でエネルギー消費量が少なく、4つのカセットに最大960版のプレートをセットしておくことができるモデル。

自動化された合紙除去機能によって、自動プレートローディング/アンローディングの利便性が大幅に向上する。

さらに、ANDROIDまたはiOSデバイスを使用して、リモートでプレートセッターを監視できる新機能「KODAK Mobile CTP Control APP」も紹介。

これは、プレートセッターの生産および運用のステータスに関する情報をリアルタイムに提供する。

 

新聞印刷用サーマルCTPプレート分野では、品質を損なうことなく環境への負荷とコストを軽減できる「KODAK SONORA NEWSプロセスフリープレート(日本では未発売)」を紹介。

現像機と化学薬品を不要にし、新聞印刷におけるエネルギー、水、廃棄物および設置スペースの節減を促進する。

 

ハイブリッドインクジェットソリューションについては、それによってなにができるのかをサンプルでアピール。

世界中の新聞印刷会社に約100台のインクジェット印刷機やインクジェットプリントヘッドを納入し、それらで宝くじやバリアブル/パーソナライズされた広告コンテンツ、最新ニュースの提供といった用途で活用されていることを示した。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP