2017年10月16日

全日本印刷工業組合連合会(臼田真人会長)の「2017全印工連フォーラム」が10月6日、静岡県の熱海後楽園ホテルで開かれ、組合員、各県青年会代表者、東印工組パートナーシップ会員ら302人が情報交換した。全体会議では各委員長が平成29年事業の進捗状況などを報告。また、酒井陽典高知県印刷工業組合理事長が「2018全日本印刷文化典高知大会」をPRした。
 

熱海後楽園ホテルで302人が情報交換した

熱海後楽園ホテルで302人が情報交換した

 

同フォーラムは、各地区協議会の全国版として全印工連事業への理解を深めるとともに、団結力を業界内外に示すのが目的。当日は午後1時から理事長会、各委員会、全青協各青年会代表者会議が行われた。全体会議は、3時15分から生井義三専務理事の司会、細井俊男副会長の開会あいさつで始まった。
 

冒頭あいさつで臼田会長は、かねてから要望していた官公需取引における著作権の適切な取り扱いについて、7月25日の閣議で「平成29年度中小企業者に関する国等の基本方針」が決定され、平成29年度、新たに講ずる主な措置として「知的財産権の財産的価値について十分に留意した契約内容に努めるものとする」という表現が新たに加わったことなど活動成果を挙げ、「印刷産業の財産権を守る大きな一歩を踏み出せた。しかし、扉が開かれたばかりで、実際に私たちの財産として手中に収めるためには、改めて新たな法律、新たな制度を皆さんとともに理解し、各地域で運用していくことが非常に重要になってくる。官公需対策協議会のご協力をいただきながら、速やかかつていねいに全国の皆さんに知的財産権の取り扱いに関するご案内、セミナーなどを準備したい。それ以外にもさまざまな官公需取引の改善へ向け、行政機関に対して、しっかりと対外窓口としての役割を果たしたい」と強調した。

 

さらに、組合機能の「連帯」について「1社では解決できない問題を全国約5000社の組合員を擁する全印工連というプラットフォーム一丸となって問題解決に当たり、これから印刷産業で働きたいと思う若い諸君を迎え入れる準備をしていきたい。それを実現すべく各委員会報告をさせていただくので、各地域、各社に持ち帰りご活用いただきたい。その上で、さまざまなご意見、ご要望を全印工連にお寄せいただきたい。皆さんの一つ一つの行動が未来への力に必ず変わっていくと確信している」と述べ、全印工連事業への理解と協力を求めた。
 

臼田真人会長

臼田真人会長

 

委員会報告では、産業戦略デザイン室、経営革新マーケティング、環境労務、組織共済、教育研修、ダイバーシティ、CSR推進、全青協各県青年会代表者らが平成29年度事業の進捗状況を報告。そのうち、産業戦略デザイン室は印刷業経営動向実態調査を11月16日から来年1月末まで実施し、5月に公表予定。昨年度回答率は8・9%で、今年度は10%超が最低目標。
 
経営革新は事業承継支援センターを今年3月に設置し、半年間に約40件の問い合わせがあった。現在、印刷業界向けのガイドブックを作成中。
 
環境労務はVOC警報器の取り扱いに関するマニュアルを作成中。労働基準法の改正情報を提供するセミナーを実施中。
 
組織共済は生命、衣料・がん、総合設備、災害補償の4共済制度の加入促進を展開中。現在、全国の利用率30%で10%増を目標に活動中。
 
教育研修は今年度から内容を改めた印刷営業講座と印刷営業士認定試験を実施する。印刷営業講座は8年ぶりの改定でセールス&プロデュースの講座内容を充実させるとともにグループワークを導入。講師料を見直し、工組の費用負担を軽減した。印刷営業士認定試験は20年ぶりの改定。知識試験は真偽問題、択一問題のほか、新たに記述式問題を導入。技能試験では見積計算問題のほか、新たに提案営業に関する記述問題を導入した。
 

2018年10月5日~6日に高知大会


 
委員会報告終了後、来年10月に開催する「2018全日本印刷文化典高知大会」を主催する高知県印工組のメンバーが登壇し、酒井陽典理事長が「大会テーマは『土佐で語ろう 印刷の未来』。来年は四国・高知で大いに語りましょう」と述べ、大勢の参加を呼びかけた。
 

酒井陽典理事長

酒井陽典理事長

 

高知大会は平成30年10月5、6の2日間、高知市の三翠園で開催する。5日は午後1時30分から記念式典、2時45分から全印工連メッセージ、3時45分から記念講演会、6時30分から記念パーティー。記念講演会の講師は高知出身の作家・山本一力氏。
 

6日は午前8時15分から理事長会、全国事務局研修会、全青協各県青年会代表者会議、9時30分から全印工連フォーラム、午後からエクスカーションで1泊2日コースと日帰りコースを計画中。

 
最後に作道孝行副会長が閉会あいさつを述べて全体会議を終了した。このあと、6時30分から懇親会を開いた。

 
 

PAGE TOP