2017年10月10日

RICOH Pro T7210

RICOH Pro T7210

㈱リコー(本社・東京都中央区、山下良則社長)は、自社のインクジェット技術を活用したリコー初の産業印刷向け大判UVフラットベッドインクジェットプリンター「RICOH Pro T7210」を開発し、平成30年初めから欧米および一部のアジア・パシフィック地域で販売を開始する。

 

この「RICOH Pro T7210」は、同社独自の高耐久性・高吐出性で好評を得ている自社インクジェットヘッドやオフィス印刷で培ってきた画像処理技術を結集し、高生産性と高画質の両立を実現。

また、同時に発売する同社独自の高密着UVインクはさまざまな基材に対応し、スマホケースなどのグッズ、インテリア製品や建材など、幅広い用途で使用することができる。

 

 

「RICOH Pro T7210」の主な特徴は次のとおり。

 

▽12個のインクジェットヘッドを3列の千鳥状に配置することで、4色印刷時に最大毎時100平方㍍の高生産性を実現。5色、6色印刷でも高速印刷が可能。

 

▽独自のUVインクを使用しており、アクリルやガラス、木材、アルミ、鋼板など、さまざまな基材に高い密着性を実現。

 

▽印刷サイズは、最大2.1×3.2㍍に対応。大型看板をはじめ、壁、扉、家具などに用いられる建装材などで多く使用されている4×8板サイズ(1220×2440㍉)への印刷が可能な上、3尺×6尺ボードの基材ならば3枚同時にセットすることも可能。

 

▽印刷できる媒体の厚さは最大11㌢㍍まで対応するので、さまざまな建材への印刷が可能。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP