2017年10月12日

日本写真印刷は10月6日、「NISSHA株式会社」(英文表記:Nissha Co.,Ltd.)に変更した。
同社のビジュアルシンボルのコアとなるコーポレートロゴも刷新した。
 
 

新コーポレートロゴ

新コーポレートロゴ

 

 
同社は1929年に高級美術印刷を志向し、京都で創業した。1960年代以降は、印刷技術を進化させながら新製品開発に取り組み、転写箔や電子部品など製品群の拡充を図る一方、1990年代後半頃からグローバル市場への進出により、高い成長を実現してきた。現在は、これらに加え、印刷関連資材や自動車内装部品、医療機器など、グローバルベースで成長が見込まれる分野への事業展開を進めている。
 
このように同社の事業は従来の印刷の領域を超えて大きく進化・拡大していることから、社名をNISSHA株式会社に制定した。
 
「NISSHA」は長年にわたり、顧客をはじめ、株主、サプライヤー、地域社会に親しまれてきた同社の企業ブランドであり、今日ではグローバルに広く認知されている。今回の新社名制定を契機として、NISSHAはさらなる飛躍を目指す。

 
新しいコーポレートロゴは、力強さ、技術力と先進性、歴史が中心に据えられている。
 

ロゴ全体の形状がNISSHAの印刷で培った技術力や、生産・開発・設計といったエンジニアリングの専門性を印象付けるように一つひとつの文字が意図的にバランスを取って配置し、柔らかい親しみのある色(PANTONE 2196)で表現した。
 
 

PAGE TOP