2017年10月05日

創業68年の㈱木戸製本所(木戸敏雄社長 新潟市東区津島屋7-29)は8月3日、東京都中央区に「いりふね製本工房」(東京都中央区入船1-9-6 T’sビル1階)をグランドオープンした。現在オープン記念で年会費30,000円が無料(10月入会まで)。年内中の黒字化達成を目標に取り組んでいる。

 

木戸敏雄社長

木戸敏雄社長

 

価格・品質・納期の決定権のある製本業へ

 

きっかけは3月に印刷組合の会合があり、そこで木戸社長が、㈱桜井グラフィックシステムズの桜井次郎太常務取締役に「東京の製本業界は、廃業も多く元気がない、ホスピタリティもないので、東京でやってみないか」と誘われたのが、きっかけだった。東京の印刷業者はさまざまな悩み事、困り事がある、それを手助けすれば事業として成り立つかもしれないと。
 
当初、木戸社長は「価格・品質・納期」の決定権が“ない”製本業から、決定権の“ある”製本業という業態変革を考えていたので、価格競争に明け暮れる東京進出は不可能と思われた。しかし、営業品目をデジタル印刷に特化し、顧客が一番困っている引取納品の仕組み作り、価格の見える化と発注のデジタル化、これらを組み合わせれば新しい可能性がある。「価格・品質・納期」の決定権の“ある”製本業ができると考え、東京進出を決意した。
 
次は場所である。デジタルプリンターのメーカーに尋ねたところ、台数では中央区が一番の納品先だと教えてもらった。中央区にはBook Bingding Club(製本業者の勉強会)で旧知の仲の、長光堂製本所の佐立哲彦社長がいた。相談したところ、空いている倉庫があるので貸していいよ、とのこと。デジタル印刷に特化しているので、丁合いの必要もないので広い場所も必要なく、ここに決めた。
 
そして人材である。上原弘文所長は、木戸製本所で勤続25年のベテラン社員。夫婦で勤めている。彼らに「東京に出店したいけど、夫婦で東京で、仕事してみないか」と相談したところ、承諾をしてもらった。

 

上原所長・弘子夫妻_スクエア

上原所長・弘子夫妻

確固たる経営ビジョンがあり、場所、人材は確保した。後は開設のみ。今年の3月に話があり、8月にオープン。木戸社長と決断と実行力の早さには恐れ入る。
 

製本でデジタル印刷の発展を支える

 
いりふね製本工房開設にあたり、木戸社長は2つのミッションを持っていた。
 
まず第1に「製本でデジタル印刷の発展を支えていく」ということ。これからは一般の会社でも報告書やチラシなどは、社内印刷するだろうし、出版社ではデジタル印刷を自社内で行っていくであろう。その時に必要なサービスが後加工の“製本”である。デジタル印刷の発展のために、プロ品質の製本技術が必要なのだ。
 

製本加工で印刷物の価値を高める PUR製本も

 
第2に「印刷物の価値を製本加工することで高めていくこと」。情報伝達に関しては、紙媒体よりITに分がある。やがてAIが人に変わって検索する時代になるので、厚い本は必要でなくなる。カタログなどは電子媒体に取って代わるだろう。そういう時代になった時、紙媒体は付加価値の高いものにしなければ生き残れない。
 
PUR糊を使用すれば、無線綴じの本でもコピー可能になる、表紙をハードカバーにして上製本にする、アルバム製本にして見開きで絵や写真を壮大に見せることができる等々。印象に残るもの、感動を与えるもの、心に響くものにしなければ、紙媒体は高級な情報伝達物だけになってしまう。

 

受発注のフロー(一例)

受発注のフロー(一例)

 

需要喚起のためもあり開設

 
木戸社長は「私たちはデジタル印刷とその製本に関して16年のノウハウがある。このことに関しては、アドバンテージを持っている。東京でも技術を提供できる。インクジェットも本格化する。1,2部の小部数の仕事でも何かお手伝いできればいい。デジタルの受け皿になりたい」と話す。
 
製本業者は、毎年100社減少していると言われている。
 
「現在、営業回りで奔走しているが、『この度、製本会社を立ち上げました』と話すと、今ごろ何やってんだ、と言われる。視点を変えて、需要喚起という意味もあって開設したと行く先々で説明している」と木戸社長。

 

木戸社長のチャレンジが実を結ぶことを願っている。
 

(壺)

 
【いりふね製本工房】
東京都中央区入船1-9-6 T’sビル1階
TEL:03-6280-4448
FAX:03-6280-4457
http://i-seihon.com/

・現在オープン記念で年会費30,000円が無料(10月入会まで)
・発注はPC・スマホ上で価格・納期が見積できる。
・対応エリアは現在、中央区、千代田区、港区、江東区。いずれ文京区、新宿区にも進出したいとしている。
・無線綴じ・中綴じ・上製本・アルバム製本に対応。
・1冊からでも可能
・刷本引取後2営業日でスピード仕上げ。
 
 

(「PRINT ZOOM」105号から)

 
 

PAGE TOP