2017年10月04日

㈱日本HP(本社・東京都江東区、岡隆史社長)は、3D造形サービスビューローの㈱DMM.com(本社・東京都港区、片桐孝憲社長)が3Dプリンティングシステム「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」の採用を決めたと発表した。

 

HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション

HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション

「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」は、既存の3Dプリンティングによる造形方式と比較して、最大10倍の造形スピードと半分のコストで高い品質のパーツを生産することが可能なモデル。

今回採用が決まった「HP Jet Fusion 3D 4200プリンティングソリューション」は、プロトタイプ試作に加え、小ロットの最終製品の製造に対応できるよう設計されている。

 

「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」の採用を決めた㈱DMM.comで.make事業部3Dプリント部門部長を務める川岸孝輔プロデューサーは「現在使用しているほかの機種や方式に比べて造形スピ―ドが圧倒的に早く、また材料の廃棄がほとんど発生しないことが採用の決め手となった。また、新たな材料の開発を推進するためのオープンプラットフォームという先進的な発想にも共感した。既存のHP純正材料に加え、今後大手の材料メーカーが開発する材料を自社サービスで積極的に活用することで、顧客に対してスピーディーかつ低コストで豊富な材料による高品質な造形物を提供し、3Dプリンティングを活用したものづくりを推進していきたいと考えている」と述べている。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP