2017年10月04日

 日本創発グループ(藤田一郎社長)は㈱ハル工房(東京・江東区、渋谷三千雄社長)の株式を10月5日付で取得し完全子会社化する。
 
 ハル工房はパネル加工およびイベントなどの展示パネル制作や大判プリント(サインディスプレイ)の製作および施工を専業としてきた。2020年の東京オリンピックに向けて、各種イベントやビル壁面などの大型サインの製作や新製品発売・発表に合わせ直前に加工することのできる同社へのニーズは今後とも増加が見込まれている。
 
 ハル工房が日本創発グループに加わることで、大判加工・施工体制を拡充することが可能となり、増加するサインディスプレイ需要に対して、プリントから施工までの納期短縮やさまざまな施工への対応力が一層強化されることになり、サイン事業におけるワンストップサービスの向上により、企業価値の向上を図る。
 
 

PAGE TOP