2017年10月04日

㈱ミマキエンジニアリング(本社・長野県東御市、池田和明社長)は、4×8板サイズに対応し、フラットベッドUVインクジェットプリンター「JFX200-2513」とのプリント&カット連携を強化した、フラットベッドカッティングプロッター「CF22-1225」の販売を11月中旬から開始する。

 

CF22-1225

CF22-1225

「CF22-1225」は、看板製作で多く用いられる4×8板(1220×2440㍉)サイズの素材をカットでき、同社製のフラットベッドUVインクジェットプリンター「JFX200-2513」と組み合わせて使用するのに適したフラットベッドカッティングプロッター。

プリント時にデータ識別IDをプリントすることで、自動でカットデータを読み込んでカットを開始できる「IDカット機能」を搭載し、より簡単にプリント&カットが実行できる。

 

また、パッケージに使用されるコートボールなどのカット、曲げに必要な罫引き線の加工、緩衝材に利用される発泡材のレシプロカットも1台で行え、試作の作成、オンデマンドのパッケージ生産を後押しする。

さらに、同社製のUVプリンターやCADソフト「ArtiosCAD DS」と組み合わせることで、パッケージや什器の設計から、製品へのプリント、パッケージのカット、緩衝用発泡材の作成までをトータルで受注でき、さらに完成までのコストとリードタイムを削減できる。

樹脂や各種ゴムなどの工業用素材に幅広く対応したカッターヘッドも用意される。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP