2017年09月29日

リコージャパン㈱(本社・東京都港区、松石秀隆社長)は、商用印刷に関する受注から編集、印刷、後加工、梱包、配送までの一連の流れをユーザーが体感できる「魅せる印刷工場」として位置付けている自社印刷工場の「RICOH Customer Experience Center TOKYO」が、一般社団法人日本印刷産業機械工業会が実施するJapanColor認証制度デジタル印刷認証を取得したと発表した。

 

JapanColor認証制度は日本印刷産業機械工業会が実施している認証制度で、ISO国際標準に準拠し、日本のオフセット枚葉印刷における印刷色の標準である枚葉印刷用ジャパンカラーに基づいて認証を行うもの。

デジタル印刷認証は、JapanColor2011を基本として、オフセット枚葉印刷に対するデジタル印刷の再現近似性(色再現)を実現できる運用能力について認証するもので、デジタル印刷機のメンテナンスと数値管理などによって、高品質の印刷物を安定的に作成できる運用能力について認証する。

印刷会社を対象に工場単位で認証を行うもので、本審査では工場内のデジタル印刷機1台の出力結果について、JapanColorの色再現性や安定性を測色器により定量的に評価する。今回の審査では、「RICOH Customer Experience Center TOKYO」で稼働する「RICOH Pro C9110」の運用に対し、審査が行われた。

 

「RICOH Customer Experience Center TOKYO」は、単なるショールームではなく、カタログやチラシをはじめリコーグループ内の販促物を中心としたさまざまな社内印刷物を、自社製品を活用して印刷する実践の場。

これまでリコーグループの生産現場で培ってきたものづくりのノウハウを融合し、省人化/自動化された先進的な印刷プロセスを自ら実践すると同時に、ユーザーもそのノウハウを体感することができる。

取り組みの1つとして、リコーの製品カタログをオフセット印刷からデジタル印刷(オンデマンド印刷)に切り替えを進めて、約73%をデジタル印刷化している。

 

 

 

PAGE TOP