2017年09月22日

エプソンは9月28日から、昇華転写プリンターの新商品として「PrecisionCoreTFPプリントヘッド」を2基搭載したハイエンドモデル「SC-F9350」を発売開始する。

 

「SC-F9350」は、高画質、高信頼性、高生産性といった従来機の特徴に、基本性能と使い勝手をさらに向上させたモデル。

洗濯堅牢性・耐汗性にすぐれ、エコパスポート認証を取得しているUltraChrome DSインクの採用により、スポーツウェアなどのスポーツアパレル、のぼり旗や垂れ幕などのソフトサイン用途に適している。また、最長5年間の稼働保証保守メニューも用意されている。

 

 

SC-F9350

SC-F9350

「SC-F9350」の主な特徴は次のとおり。

 

▽独自技術がワンランク上の高画質を実現=長年のインクジェットプリンターの写真画像技術で培ってきた「ハーフトーンモジュール」「LUT」「マイクロウィーブ」の3つの技術による独自の「Epson Precision Dot」を搭載。これにより、4色インクながら粒状感や横じま(バンディング)が少ない高画質プリントを実現する。また、繊細なグラデーションを豊かに再現する「UltraChrome DSインク」、のぼり旗やユニフォームなどメリハリが求められる用途に適した高濃度ブラック、粒状感を抑えたクリアで美しいプリント品質を提供するHQモードも採用している。

 

▽安心して業務に導入できる高い信頼性=PrecisionCoreTFPプリントヘッドに最適化された純正インクなので、ノズル抜けの少ない安定したプリント品質を実現。紙押さえの役割をする新設計のプラテンにより、プリント時の波打ち(コックリング)を抑制し、安心して連続プリントに利用できる。 また、同社独自開発のUltraChrome DSインクは、高い洗濯堅牢性と耐汗性を実現。さらに、繊維製品の国際的安全規格であるエコパスポート認証を取得しており、安心して使うことができる。

 

▽昇華転写の生産業務を支援する高生産性=PrecisionCoreTFPプリントヘッドを2基搭載しているため、高画質・高生産性を実現。また、大口径ローラーにより、ロールの巻き取りずれを±2.5㍉以内、紙送り精度を±0.15%以内に抑え、 メディア搬送性を向上。また、布ワイパーがノズル抜けの主な原因となる毛羽やホコリを、 ヘッドとプリントヘッドガードの表面から除去。夜間の無人稼働・連続稼働を支援し、高生産性を実現する。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP