2017年09月21日

Mod.180T

Mod.180T

㈱ミマキエンジニアリング(本社・長野県東御市、池田和明社長)は9月20日から、伊・モンティアントニオ社製のテキスタイル向け昇華転写プレス機「Mod.180T」の国内販売を開始した。

同社は平成26年からモンティアントニオ社製昇華転写機の取り扱いを開始し、同社の昇華転写プリンター、水性昇華インク、転写紙と組み合わせたトータルソリューションを提案している。

 

今回販売を開始した「Mod.180T」は、低価格帯のエントリーモデルでありながら、最大1600㍉幅までの転写が可能。

国内で多く用いられる1300~1600㍉幅の転写紙にも対応している。

さらに、テーブルがあることでロールと端材、どちらのメディアにも転写可能なハイブリッドモデルとなり、生産性をアップするとともに生地の無駄を削減する。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP