2017年09月08日

MS-102INS

新製品の印刷シート自動検査装置「MS102-1NS」

㈱桜井グラフィックシステムズ(桜井隆太社長)は、10月11日から13日までの3日間、同社東京ショールームで「東京ショールーム展」を開催する。

 

出展機種は、新製品として印刷シート自動検査装置「MS-102INS」、サクライイメージセッター「SIS-2800」を始め、ロータリー複合加工機「OL-66RCS」、ストップシリンダー型全自動スクリーン印刷機「MS-80AⅡ+ナットグラフ社製UV乾燥機」、菊半裁4色両面兼用オフセット印刷機「OL-466SDP」を出展する。

 

開催時間は、3日間とも午前10時から午後5時まで。

 

新製品の印刷シート自動検査装置「MS-102INS」は、スクリーン印刷機である「MSシリーズ」のボディ、見当装置、バキュームシリンダーを使用することで、印刷機同等の安定した搬送精度を実現しており、2台のラインカメラによる高速RGBパターンマッチング、OK/NG品が自動的に仕分けられるリジェクター装置、検査結果を別置きのスタンドモニターで確認できる検査用スタンドモニターなどを搭載している。

 

こちらも新製品である、スクリーン製版用フィルムイメージセッター「SIS-2800」は、ドラム(バキュームシリンダー)方式のシンプルなイメージセッターで、RIPから網点角度調整が可能、解像度4000dpiの精密描画、65~300線で設定が可能などさまざまな機能を持っている。

 

また注目される展示品として、ロータリー複合加工機「OL-66RCS」がある。同機は「打ち抜き」、「縦横ミシン掛け」、「筋押し」が高速輪転方式で行える複合加工機である。また、オプションである番号印刷、刷り込み印刷ユニットを装備することにより、印刷物の後加工仕事がすべて自社生産できるようになるという、後加工の経費削減、納期短縮に力を発揮するシステムだ。実演では、紙ファイル型抜きなどを行う。

 

さらにストップシリンダー型全自動スクリーン印刷機「MS-80AⅡ+ナットグラフ社製UV乾燥機」では、オフセット印刷物への加飾実演や菊半裁4色両面兼用オフセット印刷機「OL-466SDP」による油性速乾インキ印刷の実演が行われる。 東京ショールーム展の問合せ先は、同社東京営業部(03-3643-1131)まで。

 

MS-102INS
 
 

PAGE TOP