2017年09月04日

DICグラフィックス㈱(本社・東京都中央区、谷上浩司社長)は、食品パッケージ用表刷りグラビアインキとして、米ぬか由来成分を原料とするライスインキ「ライジンシリーズ」を開発し、8月から販売を開始した。

「ライジンシリーズ」は二酸化炭素(CO2)削減につながる再生可能な植物由来原料(バイオマス)である米ぬか成分を原料とする樹脂を使用した環境調和型製品となる。

 

印刷インキ業界では環境対応製品の拡販を進めているが、同時に有限の資源に頼らず、かつ資源の無駄遣いをしない循環型社会を目指す取り組みとして、植物由来のバイオマス原料を使用したインキ製品の開発を進めている。

現在は松脂や種子などに由来する原料が主に使われているが、最近では余って捨ててしまう米ぬかの有効活用をコンセプトにしたライスインキ・コンソーシアムが立ち上がるなど、米ぬか油を使用したインキに対する市場ニーズが高まっている。

 

今回開発したライスインキ「ライジンシリーズ」は、市場からの高い評価を受け広く使用されている松脂由来樹脂を使用した「アルティマNT型インキ」をベースに設計。

「アルティマNT」と同様に植物由来成分をインキ固形分の20~40%以上含有しているが、ライスインキ・コンソーシアムが定義する表刷りグラビアインキのライスインキ基準である“米ぬか由来成分が15%以上”を満たした設計としている。

 

「ライジンシリーズ」は、今年5月にライスインキ・コンソーシアムの認定によるライスインキ製品一覧に登録され、続いて8月には「アルティマNT」とともに日本有機資源協会のバイオマスマーク製品に認定された。

これにより、このインキで印刷した印刷物にはライスインキのロゴマーク、およびバイオマスマークの使用が可能となる。

また安全性においては、ノントルエン、ノンメチルエチルケトン(MEK)の設計にするとともに、NL規制や容器包装に対する食品衛生の第18条に基づいた規格基準「厚生省告示第370号」にも適合している。

 

同社では、食品パッケージ用インキのラインアップにおいて、このライスインキ「ライジンシリーズ」を含め、植物由来成分を10%以上使用したバイオマス製品を「ナチュラリスリキッドシリーズ」として今後展開していく。

 

 

 

 

PAGE TOP