2017年09月04日

図書印刷は健康経営推進のため2017年7月24日に「健康経営宣言」を制定した。今後は、川田和照社長が「健康経営責任者」となり、健康経営を牽引していく。

図書印刷では、人材を財産と考え、これまでも従業員の健康に関する様々な取り組みを進めてきた。

今般、「健康経営」という視点から、会社・健康保険組合で行われている取り組みを見える化するとともに、組織体制を体系化し、今後の方針を明確にした。
この「健康経営宣言」のもと、従業員とその家族が一体となり、健康づくりを推進していき、企業としての永続的な発展に繋げていく。
 
 

「健康経営宣言」

 
図書印刷は、従業員の心身の健康こそが経営基盤の重要な要素であると認識し、一人ひとりの健康の維持向上を目指した積極的な「健康経営」の推進が、事業の永続的な発展に欠かせないものと考えます。
将来に亘り、従業員が「働きがい」を感じられる職場環境を整備すると共に、労働時間の適正化に努め、その家族を含めたワークライフバランスの充実に繋げます。
また、従業員の健康は、企業理念に掲げる「あらゆるお客様から信頼され評価される」企業経営を行うための礎であると考え、「個の自立」と「健康づくり」を推進し、文化の向上と社会の発展に貢献します。

 

制定2017年7月24日
図書印刷株式会社
 
代表取締役社長    川田 和照
 
 

○ 「健康経営」 NPO法人健康経営研究会の登録商標。

 
 

PAGE TOP