2017年09月04日

凸版印刷が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、クックパッドと共同で、広告商品を開発した。第一弾として、「Shufoo!」の人気広告メニューとクックパッドが提供する「cookpadTV」の料理動画広告を組み合わせた新たな広告メニューを8月30日から提供を始めた。これにより小売・流通企業や食品・飲料メーカーは、チラシ情報の関心者、レシピ情報の関心者、そしてオウンドメディアの閲覧者に対し、料理動画を活用した商品情報の訴求が可能になる。
 
従来「Shufoo!」では買い物情報を能動的に収集するユーザーに対し、チラシを中心とした特売情報や商品情報を提供するプラットフォームとをして拡大をしてきた。一方で生活者の情報環境は近年目まぐるしく変化をしており、動画サービスの普及により動画コンテンツでの情報収集が浸透している。
 
今回の新たな広告メニューでは、買い物意欲の高い「Shufoo!」ユーザーに対して商品の具体的な使い方や調理方法を料理動画として訴求することで、チラシを見に来たユーザーへ商品の活用方法を提供する。また、料理に関心の高い「クックパッド」ユーザーには料理動画をきっかけとして、商品情報を訴求することができる。さらにオウンドメディアへの動画の二次利用により、小売・流通企業や食品・飲料メーカーは自身の既存顧客に対しても店頭やホームページにおいて幅広く情報を届けることが可能になる。
 
 

PAGE TOP