2017年08月31日

㈱ミマキエンジニアリング(本社・長野県東御市、池田和明社長)は、1000万色以上のフルカラー造形を実現するUV硬化インクジェット方式3Dプリンター「3DUJ-553」の販売を11月から開始する。

 

「3DUJ-553」は、これまで同社が2Dの高画質業務用インクジェットプリンター開発で培ってきた技術を活かし、世界初となる1000万色以上のフルカラー造形を実現。

造形後の色付けでは難しかった豊かな色彩表現により、立体造形のオブジェクト看板や建築模型といった最終製品用途で活用することができる。

造形には、UV光を照射することによって硬化するUV硬化インクを使用。

積層ピッチは最小22μ㍍で、ディテールまで再現できる精巧さを実現。

また、水溶性のサポート材インクを採用することで、繊細なデザインの場合でも造形物を破損させることなく、簡単にサポート材を除去することができる。

 

 

3DUJ-553

3DUJ-553

「3DUJ-553」の主な特徴は次のとおり。

▽UVインク(C、M、Y、K、ホワイト、クリア)を1層ずつプリントし、それを積み上げることで造形するUV硬化インクジェット方式を採用。造形後に着色するのではなく、カラーインクを使用して造形していくので美しいフルカラー表現が実現できる。

 

▽カラーインクで造形・着色することでJapanColorに対して89%の色域をカバー。透明度の高いカラーインクで造形することで、外部からの光が白色インク層で反射し、白色インク層を背景に発色の良い造形を実現する。

 

▽インクジェット方式3Dプリンターとしては世界初となる、カラープロファイルを採用。Adobe Photoshopにカラーマネジメントソフト「MPM3(オプション)」で作成したカラーシュミレートプロファイルをインストールすることにより、PCのモニター上でプリント後の色が確認でき、モニター上の色と造形物の色を近付けることが可能。色の調整にかかる時間が短縮できる。

 

▽クリアインクによる透明表現はもちろん、クリアインクとカラーインクを同時に使用することで半透明のカラー表現が可能。内部からライトを当てると見え方が変わる仕掛けサインなどにも使用できる。カラーインクとクリアインクを組み合わせることで、デザインの可能性が大きく広がる。

 

▽インクにはアクリル系樹脂を使用してABS樹脂同等の強度を実現しているので、ドリルなどを使用した穴あけやネジの取り付けが可能。また、オーバーコートも使用できるため、最終製品としてより美しく仕上げられるとともに、耐候性にすぐれ固定することが求められる看板用途などにも活用できる。

 

▽造形の過程で必要となるサポート材には水溶性のサポート材インクを採用。水に浸けることでサポート材を除去でき、削り取る必要がない。繊細なデザインでも、造形物を破損することなく簡単にサポート材を除去できる。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP