2017年08月30日

UCJV300-160

UCJV300-160

㈱ミマキエンジニアリング(本社・長野県東御市、池田和明社長)は、UV硬化インクを搭載し、プリントとカットを1台で行えるインクジェットプリンター「UCJV300-160」および「UCJV150-160」を11月から販売開始する。

 

「UCJV300/150-160」は、作業効率の向上、使いやすさと環境への配慮を追求したロールtoロールタイプのUVインクジェットプリンター。

カラー+ブラック+ホワイト+カラーといった4層プリントが可能となり、内照式のLED照明と組み合わせることで、昼と夜でイメージを変化させる「Day&Night Printing」を実現。

より目に留まりやすい表現が新たな広告手法となり、ビジネスの可能性を広げる。

また、今回新たにIDカット機能を搭載してさらに充実させたプリント&カット機能は、看板用途のほかステッカー、ラベル、パッケージ用途にも活用できる。

 

 

その主な特徴は次のとおり。

▽カラー+ブラック+ホワイト+カラー」の4層プリントと内照式照明を組み合わせることで、背面から光を当てた際にデザインが変わる「Day&Night Printing(1層目は裏面からライトを当てた時に浮かび上がるカラー層、2層目は1層目の絵柄をライト消灯時に隠ぺいするブラック層、3層目はカラー層の発色を良くするホワイト層、4層目は通常のライト消灯時に見えるカラー層)」が実現できる。昼と夜、表と裏でイメージを切り替えるなど、これまでの看板では表現が難しかった新しい広告手法を武器に、付加価値の高い仕事が可能になる。

※4層プリントは、ホワイトインクを搭載できる「UCJV300-160」でのみ可能

 

Day&Night Printing 4層プリントの構成イメージ

Day&Night Printing 4層プリントの構成イメージ

▽パワーアップしたRIPソフト「RasterLink6Plus」のAdobe Illustratorプラグインツール「RasterLink Tools」によって、Illustratorの操作画面上で4層プリントの仕上がりを確認できる。プリント前にPCのモニター上で内照式照明のON/OFF両方の状態を確認することができ、プリントのやり直しを防ぎ、メディアのロスを減らす。

 

▽UVプリントの特性を活かし、一般的なソルベントインク搭載プリンタに比べて濃度の高いプリントが可能。より鮮やかなプリント表現を実現する。

 

▽UV硬化インクを採用することで塩ビ、ターポリンはもちろん、ソルベントインクやラテックスインクではプリントが難しい布や受理層がない紙、PETフィルムといったメディアにもプリントが可能。

 

▽新開発のUVインク「LUS-170」は、VOCがほとんど発生せず、オゾン発生の原因となる短波長の紫外線を照射しなくても硬化する環境対応のインク。イエローインクは、通常のイエローインクに含まれるニッケル化合物が入っていない環境に配慮したニッケルフリーインクとなっている。さらに世界でもっとも厳しい化学物質拡散の規格に基づき、学校や医療機関などにも適した製品であると保証される「GREENGUARD Gold認証」にも申請中。

 

▽高機能で高性能なカット機能を搭載し、1台でラベルやステッカーなどの製作が可能。連続トンボ読み取り機能、オーバーカット/コーナーカット機能(切り残しを防ぎ、シャープなカットを実現)、中間トンボ機能(中間にトンボを付けることで長尺の画像を正確にカット)、ゼロマージントンボ機能(トンボ間の余白を無くしてメディアの無駄を削減)などを搭載。

また、今回新たに「IDカット機能」を搭載。トンボとともに、余白部にカット情報とメディアの回転情報を記録したIDを同時にプリント。プリントデータごとのカットデータを自動的に読み込んでカットする。少量多品種のデータの場合も、メディアセット向きの確認の手間を省き、オペレーターがデータごとにRIPソフト上でカット指示を行う必要がなくなる。

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP