2017年08月23日

日本ダイレクトメール協会の「DMマーケティングエキスパート」認定資格の公式テキスト『新DMの教科書』が発刊された。
 

認定資格取得を目指す人や、DMのレスポンス率を高めたい営業・マーケティング担当者、DMを使った顧客の獲得・維持のノウハウを身につけたい人など、ダイレクトメールの実践に必要な知識を総合的に学ぶことができる。B5判、224ページ、定価3000円+税。著者/日本ダイレクトメール協会、発行所/㈱宣伝会議。

 

新DMの教科書

新DMの教科書


 

「DMマーケティングエキスパート」認定資格試験で問われるのは、DMマーケティングの企画から実施全般についての基本的知識。

 
同書では、第1章でDMとは何か/ダイレクトマーケティングとは/DMのメディアミックスなどメディアとしてのDMについて紹介。
第2章ではDMの企画立案/DM施策実施ステップなど、企画立案のポイントからDMの役割、課題および目標を説明。
第3章では、ターゲットリストの種類/顧客リストの管理/顧客分析を行う目的/DM発送リストの抽出方法など。
第4章では、DM制作の基本/DMオファー戦略/DMクリエイティブ戦略について触れている。
第5章では、施策評価の方法/DMのリバース・エンジニアリングとは/DMプロモーション年間計画の組立てなど、DM施策の運用と評価について解説した。
 
認定資格試験では、第1~3章および第4章と5章の基礎部分が出題範囲となる。
 
 
 
 

 
 

PAGE TOP