2017年08月24日

広告主企業はじめ通販、EC(電子商取引)、広告、印刷など幅広い業種で活用されている日本ダイレクトメール協会(JDMA、佐藤暢晃会長)の「DMマーケティングエキスパート」認定資格。11月15日には東京と大阪の2会場で、2017年度DMマーケティングエキスパート認定資格試験が開かれる。
 
「DMマーケティングエキスパート」は、JDMAによって2005年にスタートした。DMマーケティングの基本的な能力を備えた人々の育成と認証を行う制度で、多岐にわたる関連領域の理論や手法を「標準化」し、業界全体で共有するのがねらいである。
 
資格取得には「DMマーケティングエキスパート」認定資格試験、あるいは「DMマーケティングエキスパート」研修会受講と修了試験に合格することが必要。
試験科目は、公式テキスト『新DMの教科書』に準拠し、「メディアとしてのDM」「DMの企画立案」「DMのターゲットとデータマネジメント」「DM制作の基本」「DM施策の運用と評価」の各項目から「知識」「計算」「記述」の3つのタイプで出題。合格者には認定証が付与される。
 
<資格取得の目的・メリット>
◆DMマーケティングについて、「業界標準の体系的知識」の取得=ダイレクトマーケティングの基礎、DMのメディアミックス、DMの企画立案、DM施策実施ステップ、ターゲットリスト、顧客分析、DM制作の基礎、CR(クリエイティブ)評価と改善、年間販促計画など。
◆理論に加えて実務的なノウハウや事例情報の獲得=実務的なDM事例から、企画提案~制作、印刷プロセスの提案力強化と改善の具体的戦術・知識を学べる。
◆「DMマーケティングエキスパート」DMマーケティングのプロとしての認定獲得=認定証、認定資格ロゴの使用(名刺、ホームページ)などを通じて業界内、取引先へのアピールが可能になる。
◆認定資格保有者(企業)としての広報=JDMAホームページの掲載、協会への相談問い合わせに対する検討候補としての紹介ほか。
 
[認定資格試験開催概要]
日時=2017年11月15日13時~15時
会場=東京会場・日本印刷会館2階会議室(東京都中央区新富1の16の8)、大阪会場・新大阪丸ビル別館3階会議室(大阪市東淀川区東中島1の18の22)
受験料(税込)=DM協会会員(1人)2万1000円、一般(1人)3万円
申込期間=7月10日~9月29日
受験料支払期限=10月18日
受験票発送=11月1日投函
合否結果通知=2018年1月第3週郵送
申請方法=日本ダイレクトメール協会Webサイトから申し込む
試験形式=筆記試験(選択問題100問、計算および記述問題20問前後)
 
 
関連記事:JDMA、認定資格の公式テキスト『新DMの教科書』刊行
 
 

PAGE TOP