2017年08月10日

drupa2016ではB1判枚葉インクジェット印刷機を新発表して世界中からの注目を集めたハイデルベルグでは、その一方で枚葉オフセット印刷機においても革新的な技術を発表した。デジタル印刷機は将来の新ビジネス創造が期待されるが、大多数の印刷会社にとっては、足元のビジネスの成長に貢献するオフセット印刷における新しい技術提案が重要となる。そこでハイデルベルグ・ジャパン㈱プロダクトマーケティング部の曽篠靖之プロダクトスペシャリストに、drupa2016で発表されたハイデルベルグの新しいオフセット印刷の技術について話を聞いた。

 

曽篠プロダクトスペシャリスト

曽篠プロダクトスペシャリスト

--今回のdrupa2016ではインダストリー4・0という考え方に基づいた、自動化・無人化が焦点の1つと言われていました。それを踏まえ、枚葉オフセット印刷分野におけるハイデルベルグのアプローチについてお聞かせ下さい。

曽篠 そのテーマに沿ったデモの1つを、菊全判両面兼用UV-LED搭載8色印刷機「スピードマスターXL106-8-P ドライスターLED」を使って行いました。それは8分間で3ジョブを行うものです。これは早さだけではなく、最初のジョブを刷り出してから最後のジョブが刷り終わるまで、オペレーターが1度も印刷機に触れない、いわゆる印刷機の自動運転を訴求したものです。

 

--その自動運転を可能とした技術的背景についてお聞かせ下さい。

曽篠 それには、この印刷機に搭載されたインライン品質管理装置「プリネクトインプレスコントロール2」とジョブ替えの自動化を図るソフト「インテリスタート2」が大きな効果を発揮していました。

「プリネクトインプレスコントロール2」は、分光光度計で全印刷物のLab値を測定し、その結果に応じて印刷機のインキキーを自動調整しつつ見当も合わせるシステムです。印刷中の品質変動を制御することはもちろんのこと、OKシートが得られるまでの自動調整も行います。一方の「インテリスタート2」は、現在のジョブや次のジョブの内容をすべて認識し、それに応じてなにをどの順番で行えばジョブ替えがもっとも効率良くできるかを判断し、それを自動で実行するソフトです。

「インテリスタート2」によるジョブ替えの自動化、「プリネクトインプレスコントロール2」による刷り出し調整およびジョブ中の監視・制御の自動化を組み合わせることで、オペレーターは排版された刷版を取り除き、次のジョブの刷版をセットするという作業以外はなにもせずに、3ジョブすべてを8分間で完了させました。

これは第4次産業革命という考えに対して、一時的なブームに乗っているのではなく、本気で取り組んでいるところを示したものです。枚葉オフセット印刷機の自動運転・無人運転が、遠い未来の夢の技術ではなく、少なくともその一部は今現在できる技術であることをご紹介しました。印刷工程は基本的に自動で流れていき、オペレーターがボタンを押すのはなんらかの理由で印刷機を止める時のみという「Push to Stop」コンセプトに基づいて開発されたものとなります。

 

--現段階ではどうしても人手を要する、用紙替えやインキ替えがある場合はどうなのですか?

曽篠 「インテリスタート2」は、それらの人にしかできない作業ももちろん認識します。それらの作業が終了次第、オペレーターがソフトにその旨を知らせることで、それら以外のジョブ替えが自動で進められます。

また、「インテリスタート2」の大きな特徴として、複数のジョブの内容の詳細を受け取れるようになったことがあります。そのため、オペレーターはジョブの順番をコントロールすることができ、たとえば表裏4色の仕事だけを連続して行ったり、用紙が同じ仕事を連続させることができます。それにより、無人運転の効果を発揮できる状況を簡単に作ることができます。

 

スピードマスターXL106-6+LYYL

スピードマスターXL106-6+LYYL

--これとは別に、いっそうの高効率稼働を図る新技術の発表もありました。

曽篠 菊全判ダブルコーター付6色印刷機「スピードマスターXL106-6+LYYL」で高付加価値パッケージ印刷のデモを行いましたが、その機械に搭載していた新技術が「ハイカラーマルチドライブ」です。その機能は、任意の胴のインキングユニットをメインドライブから切り離すものです。

 

--その結果、どのような効果が得られるのですか?

曽篠 まず、「オートプレートXL2」という自動刷版交換装置があります。これは、刷版交換をしながらブランケット洗浄や圧胴洗浄ができるものです。これにさらに、「ハイカラ―マルチドライブ」によってインキングユニットが独立して洗浄できますので、刷版交換、圧胴洗浄、ブランケット洗浄、インキローラー洗浄などの作業をすべて同時に行うことができ、ジョブ替え時間の大幅な短縮を図ることができるようになります。

また「ハイカラ―マルチドライブ」の機構は、クラッチでインキングユニットをメインドライブから切り離すものではありません。印刷機の心臓部ともいえるインキングユニットは、クラッチによる物理的な切り離しを繰り返していては、長年にわたってお使い頂くにあたり、精度を保つという観点から良くないと判断したからです。そこで、ギアとギアの組み合わせによってメインドライブのエネルギーを相殺してインキングユニットまで伝えない、特殊技術を採用しています。

さらに、「スピードマスターXL106-6+LYYL」では、「オートプレートコーティングプロ」というニス版の自動交換装置も装備していました。インキ替えや特色の使用が多い高付加価値印刷でも、より効率的な生産を志向する工場に適した機能となります。

 

日本印刷新聞 2016年8月29日付掲載【取材・文 小原安貴】

 

 

PAGE TOP