2017年08月01日

日本アグフア・ゲバルト㈱(本社・東京都品川区、松石浩行社長)は、プリプレスのさらなる効率化を推進するクラウド型ファイルストレージサービス「アポジー・ドライブ」を8月1日から販売開始する。

 

「アポジー・ドライブ」は、印刷会社向けに最適化したクラウド型のオンランファイルストレージサービス。

印刷会社が必要とする大量のデータ管理を大幅に効率化し、社内やクライアントとのスムーズかつ安全なデータの受け渡しを実現する。

共有の作業スペースとしての使用も可能で、制作フローの効率化も可能。

同社の高いセキュリティレベルのクラウドセンターに構築されており、データの管理や受け渡しを安全に行える環境を提供する。

 

また、「アポジー・ドライブ」は、同社のプリプレスワークフロー「アポジー・プリプレス」との直接連携も可能。

「アポジー・ドライブ」にアップロードされたデータは、「アポジー・プリプレス」に送信され、自動的に処理を行うことができる。

これにより、今まで行なっていた協力会社との連絡やデータの受け渡しを簡素化し、さらなるプリプレス工程の効率化を実現できる。

「アポジー・ドライブ」でのスムーズなデータの受け渡しは、自社だけではなくクライアントにとっても大きなメリットがあり、新規獲得や既存顧客の囲い込みにも繋がることが期待される。

 

さらに、「アポジー・プリプレス」のバックアップデータやアーカイブデータも「アポジー・ドライブ」での管理も可能なので、BCP(事業継続計画)対策としても活用できる。

 

 

「アポジー・ドライブ」の特徴は次のとおり。

▽印刷会社向けに最適化されたファイルストレージサービス

▽クラウド型SaaSソリューションなので大きな初期投資が不要

▽アグフアの高いセキュリティレベルのクラウドセンター

▽生産フローとの直接連携が可能

▽モバイル端末からいつでもどこからでも確認可能

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP