2017年08月02日

東京・千代田区日比谷公園内にある日比谷図書文化館の4階小ホール「スタジオプラス」で、8月26日午後2時から企画展示関連講座「古書で紐解く近現代史セミナー第27回」が開かれる。テーマは「ブックデザインが果たすべき使命~『造本装幀コンクール』50年を振り返って」。

 
造本装幀コンクールの審査委員長である柏木博氏が講師を務め、ブックデザインの歴史と同コンクール50年を振り返るとともに、これからの出版産業・出版文化の発展において、‘造本装幀’が果たすべき役割・使命について講演する。
 

柏木博

柏木博氏

 

○柏木博氏プロフィール デザイン評論家。武蔵野美術大学名誉教授。1946年神戸生まれ。武蔵野美術大学卒業。
著作は『近代日本の産業デザイン思想』『20世紀はどのようにデザインされたか』『欲望の図像学』『日用品の文化誌』『家事の政治学』『モダンデザイン批判』『肖像の中の権力』『デザインの教科書』ほか多数。展覧会監修では、「田中一光回顧展」「うさぎスマッシュ」「電脳の夢」などを手掛ける。
 
 
 
 

 
 

PAGE TOP